ブログ

ようこそ HimaRing へ

ここは古今東西のモンスターを使って絵や詩をつくるサイトです。

最近の管理人
◉2011年製のmac mini が限界。はやく新しいの出して。
◉YURI ON ICEとコードギアスの再放送面白い。
◉人形劇プリンプリン物語が面白い。ワット博士すごい。
◉ブッダの言葉が面白い。2500年前のインド人の言葉が機能している。
◉ニコニコ動画の山田玲司と海外のアニメ反応が楽しい。

▶ 人外の詩:目次/なぜ人は詩や図を描くのか?
▶ 人外の詩:投稿掲示板/BBS

亀老人ヴァッサゴ

  

ヴァッサゴ/Vassago

◉ 中世キリスト教『ゴエティア』

巨鰐に乗った逆三角形の白い骸骨顔の老人で、盲目の目はこめかみまでつりあがっています。緋色の衣をまとい、黄金のブレスレットを着けた右手に鴉をとまらせた、かすれた声の落ち着きのない男です。過去と未来の透視・失せ物の情報・女・悪徳を得意とし、女の秘密に通じ、その講釈をしたがります。アガレスに準ずる職能ですが、よりおとなしいので簡単に呼び出せます。完全・苦難の末の完成・労働後の休息・賢明・精妙・喜び・美を担当します。【wiki】

 


ローロー
2014/10/26

虫の歌 ▼

こう生きたい ああなりたい
これがしたい すぐに行きたい
世界のどこかへの憧憬とみすぼらしい安息を背負って
ヤドカリは今日も膨大な情報量の上を縫うよ

己の絶望的な弱さと 生き物としての他愛ない歪さに捧げて

夜空の隙間たる下弦に照らされても気づけずに
好きでもない歌を唄いながら
世界のどこかへの憧憬と
無心になりきれないつま先の弾みで
ヤドカリが 色のついた虫けらが 人の心で以て
恋の歌を唄いながら
黄昏の燃える窓に向かって 縫う 己の 寿命を

 


kapa
2006/01/08

ひさしぶりに書いてみました ▼

そっと闇の戸叩いてごらん
その音は限りなく響き
その響きが消えるとき
世界は破滅す


竜胆ヒマワリ
2017/10/30

多次元宇宙論

マルチバース ▼

結んだ掌から宇宙が生まれ
開いた掌から宇宙が消える
ジッと手を見る我が暮らし

聖マルガリータと悪竜ルフィン


大致命者マルガリータ/St Margarita

◉黄金伝説/レゲンダ・アウレア【wiki】・大致命者【wiki】
◉アンティオキア(現在のトルコ共和国・アンタルヤ近郊)

キルスト教改宗を迫られ拷問のすえに首をはねられた乙女。処刑直前に「女たちのお産を軽くしてください。」と神に祈り、以後安産の守護聖人として信仰されます。大致命者として聖人とされていましたが、のちに伝説であることが確定し聖人から外されます。しかし、そのマルガリータ信仰は残り続けます。【wiki】

悪竜ルフィン/Rphin

拷問の合間にマルガリータを襲った竜。マルガリータを飲み込みますが、直後に十字架の力で破裂させられます。絵画では真っ二つに裂けた龍から出てくる乙女として描かれます。キリスト教のヨブ記やアフリカのキリム神話、日本の一寸法師のように「化物に飲み込まれて脱出すると立派になる」に似たパターンのようです。

詳しいエピソード/広島工業大学/電子情報工学科/酒見研究室
http://www.ec.it-hiroshima.ac.jp/sakemi/Auchin/Mergrete.htm

 


ローロー
2017/01/30

ルッキング フォー ▼

回帰願望
日常的風景の中に 無意識に鍵を探す
かつて失った鍵

生まれ変わりたい訳でなく
理解されたい訳でなく
もう一度欲しいだけなのさ
知らずに抜けた綺麗な羽根
この眼を覆ったパノラマの鱗

生き進むほど 脱がされていく
この世が大きなカメレオンに見える
不可視の肌で欺いて
若きを呑み込み 出汁だけ奪って
老兵をひり出すカメレオンの中で

鍵を探す
抜け出すための鍵ではなく
心の下で寂しくしている
ヘソの穴を満たす鍵


浅皿小僧
2017/01/31

人生は素敵か。いや、ステーキだ ▼

子供の頃は、夢見てた。
広い世界を、何にも知らず。
少し育って、世界虹色。
見える物皆、不思議の宝庫。
更に育って、世界鈍色。
鍍金は剥げて、不幸も見えた。
半生時代が高級品。
焼けちまったら、戻れない。


竜胆ヒマワリ
2017/02/02

ジャンキー・チェーンを踏み台にして ▼

 朝、
 処方される紅い錠剤
 すでに見知ったコンテンツ

 夜、
 処方される蒼い錠剤
 真実と反逆のコンテンツ

 夢、
 繰り返し施される
 酩酊と覚醒のオリクサリ
 我らを縛る、この中毒回廊こそ鍵そのもの
 そうだ
 鍵はすでに手のひらの中

 紅い錠剤を細かく砕いて
 半分はトイレの水に流してしまって
 蒼い錠剤を細かく砕いて
 半分は中庭の風に吹かせてしまって
 残った粉を紫にして
 両の鼻から吸い込めば
 色と線とが二重にたわみ
 キタキタ
 カメレオンに空いた肉の裂け目だ

 翼が折れても
 鱗が剥がれても
 内臓を痛めつつ這う
 汚物まみれのケツ穴
 抜け出た先は…

…アオ!
 青い空と。
 自転する星の息吹
…アカ!
 赤いカイト。
 その十分な角度と揚力

 左手前方には月光菩薩
 右手後方には日光菩薩
 眼下に架かった虹をくぐれば
 海と草原と山河のパノラマ
 東方には聖杯を求める騎士の一行
 南方には雨雲を伺うゾウの家族
 そして縄張りを拡大するサルの軍勢

「それより僕と踊りませんか?」
「ダンスはうまく踊れないので」
 獲物を探し
 雌雄を求める
 生き物たちのサバイバル
 運命の潮流が産む無数の大渦

 手を!
…手を!


ローロー
2017/02/02

殻から羅漢 ▼

うつろうなかがり火
踊るな夜明け前の悪い子供たち

泣こうが笑おうが一切は過ぎ去り
召されるまでの走馬灯の中で凝縮され
記憶違いで薄まったスープになり
世の肌に吸われる定めなどとよく言えた

俺たちは更にいたいけに
俺たちはより長く沈黙し

知った気になった風聞の中を 再度裸で歩む
北風と太陽と黄色く濁った黎明の下で
卵の中の卵の中の卵の中で
破裂するまで回帰するヒエラルキーの中で

母の中で 血の中で
ほくそ笑むまで旅をする
光なく音のない
濡れた動脈の繭の中で


ローロー
2017/02/02

忘れる力があり、忘れる技を使う ▼

悩めよ悩めよ 掌のムジナよ
そのけったくそわるい踊り場談義も
明日になれば湿気を失い
無惨に乾き 朝日に駆逐されるぜ

簡単なことでお前の心は変わる
鳥肌ひとつ 涙一滴に至るまで
簡単なことでお前の孤独は埋まる
そもそも孤独ですらないのさ

故郷があり
窓口があり
愚痴をこぼす相手もいる
不特定多数の耳に目に
ぐしゃぐしゃに丸めた恋文を投げ込むことも
お前にはできる
お前には何だって許されてる

後生大事なその枷で
何を飾ったつもりだい

小さな卵の中に 大きな世界を見るのはやめようぜ

聖魔神アブラクサス

アブラクサス/Abraxas

◉ グノーシス神話・ミトラ神話

アイオーン神族のひとりとして選ばれた者を天国に導く。鶏頭に蛇足という異形であり、手には鞭と盾を持ち4頭立ての馬車を駆る。【wiki】

私がグノーシスという言葉を知ったのはエヴァンゲリオンです。グノーシスの母体ともいわれているマニ教も『漫画版:風の谷のナウシカ』で知りましたし、アブラクサスの名も『少女革命ウテナ』で知りました。どうやらグノーシスはサブカル日本と相性がいいようです。

竜胆ヒマワリがデザインしたアブラクサスもこの流れを踏まえ『楳図かずお:14歳』のチキン・ジョージに似せて描きました。グノーシスが日本にセカイ系や中二病を蔓延させただけではないといいんですが。

 


ヘルマン・ヘッセ
1919

『デミアン』 ▼

鳥は卵の中から抜け出ようと戦う。
卵は世界だ。
生まれようと欲するものは、
一つの世界を破壊しなければならない。
鳥は神に向かって飛ぶ。
神の名はアプラクサスという。

 


ローロー
2006/11/24

キングサイズのこの世界 ▼

天使と悪魔は魂取り合う それはさながら恋の鞘当て
全ての魂 消えたなら 恋人全て消えたなら
何を抱いて眠るのだろう 互いを抱いて眠るのだろう
天使と悪魔がベッドイン もうすぐ我らは一つになれる


竜胆ヒマワリ
2006/11/24

双方が溺れても救われるモノ ▼

天使と悪魔の間にも
深くて暗い川がある
誰も浮かべぬ川なれど
助けに飛び込むバカがいる
high & low
high & low
振り返るな ローロー


ローロー
2006/11/25

歩きながら待つために ▼

恵まれずとも微笑んで 微笑むからこそ恵まれて
月夜に照らされ死にゆく我が身
朝日のもとに残される髑髏

シャレコウベは何を語る・・・・?

カタカタ笑いで未来を睨み 覚醒の夜をニヤニヤと待つ
暗黒に浮き彫りになる 呪われた欲の花びら
ノスタルジックなエロティック 揺れる揺れるメランコリック
目を閉じて感じろシトリー 寄せては返す淫らな潮騒を・・・

不死鳥フェニクス

フェニクス/Phenex
フェネクス/Phenex

永遠の命を持つ火の鳥。または鋭い目をした剣を携えた長身黒髪の落ち着きのない男。子供のような美声で歌い、聞いた者を操って自らの炎の口に導きます。歌・科学の不思議を開陳・雄鶏に朝が来たことを知らせ、詩作・文学を得意とし、争いを好みません。雑音・非寛容・頑固・勇気・復讐を担当します。【wiki】

エジプトでは霊長ベンヌを起源とし、朝に幼鳥として炎から生まれ、夜には燃え上がる炎に飛び込み死に、また朝に幼鳥として生まれます。

手塚治虫の『火の鳥』で育った日本人には、悪魔のフェニクスというのはピンときません。が、たしかに永遠の命に取り憑かれた登場人物達を見ていると、悪魔といえなくもありません。

phoenix-big

 


ゲヘナ
2006/11/09

ケイロンは「不死」であるが故に「死」を望んだ。 ▼

人間よ。「ヒュドラの矢」という物を知っていますか?
その矢に刺された生物は苦痛に悶え苦しみ、自ら「死」を迎え入れたという…

それがどれほど幸福なことであるかを知っていますか?

生きる上では絶対に逃れる事の出来ない苦痛。
造り主はその苦痛より逃れる術として貴方に「死」を与えた。
苦しみが続かぬように。安らかに眠れるように。

なのに嗚呼、人間よ。何故あなた方は「不死」を望む?

私は、「不死」を望む者達の末路を数え切れないほど見てきた。
迎えるべき死より逃れ、僅かな生にしがみつく醜き様を。
不死であるが故に…

不死に苦痛の終わりは無く、不死に安息の時が来ることはありません。
死があるからこそ生は輝き、自分の生に満足を得ることができるのです。

人間よ。貴方は苦痛無き「 」を望みますか?


ローロー
2006/11/10

苦痛にまみれて ▼

苦痛の裏の幸せを君は知っているんだね
でもね 僕は見ちゃったんだ

狂おうと、傷つこうと、笑い続けるあのひとを
穢れても、穢されても、輝き続けるあのエメラルド

彼の内側は地獄に満たされていた でも
彼の銃口はまだ清らかに、大胆に、残酷に光っていた

枯れ果てても彼果ててもバイバイするのはまだ早いのさ


ゲヘナ
2006/11/10

「死」は生の終着、「死」は生への執着 ▼

人間よ、貴方は「生」を望むのですね。
言葉の刃に心臓を刺されようとも。冷たき風に心を患おうとも。

ならば私は見守ろう。苦痛に呑まれし貴方の「生」を。

苦痛の上にある笑顔を。苦痛に屈した上での笑顔を。
穢されても消えぬ輝きを。穢されたからこそ消えぬ輝きを。

私は貴方の全てを許し、貴方の「生」を彩ろう。

だから、儚き人間よ。
貴方が「生」に疲れたならば、私は炎の翼を広げ、貴方の「全て」を包みましょう。
貴方の苦痛を焼き尽くし、貴方の穢れを祓いましょう。

神も魔も、獣も人も、「 」があるからこそ美しい。


竜胆ヒマワリ
2006/11/10

不死の望みは王と奴隷の祈りから ▼

フェニックス。
お前を求める我欲に焼かれ、
お前が放つヒカリに焼かれ、
我等は繰り返し死ぬだろう。

それでもいつかはお前を捕らえ、
飼育し、増やし、家畜とする。
お前の悲鳴を肴にし、
終らない退屈を憂いながらでも、
お前の生き血は楽しめる。

フェニックス。
我等は、お前らに「反逆」するのだ。
幸福の中でも、地獄の中でも、虚しさの中でも、
お前への「反逆」だけは忘れない。
そうして我等はお前の保護者になろう。

おっと、保険にヒドラの矢を一本。

蝿王ベルゼブブ

糞山の王ベルゼブブ/Beelzebub

ベルゼバブ。ベルゼブル。聖書にたびたび現れる魔王。中世以降のヨーロパではサタンの片腕として魔界第二位の魔王になります。本来はセム語族系の主神であった天候神バアルのヴァリエーションのひとつだと思われます。【wiki】