月別: 2016年10月

地霊ノーム


地霊ノーム/Gnome

風・火・水・土の4大元素のうち、土を司る地霊。ギリシア語の「ゲノムス(Genomus, 地中に住むもの)」を由来とし、主に三角帽を被った小人の老人として描かれます。ドワーフやコボルトなどの炭鉱妖精の一種であり、鉱石よりは宝石を、実用よりは装飾を好みます。【wiki】

バッカナールの世界では、身体を結晶武器化して戦うモンク集団として登場します。ノームの長老は全身が結晶コンピュータと化し、数千年に渡って一族に知恵を与え続けます。

gnome-big

 

 


サロス:2008/02/10

牢獄 ▼

人はいろんな物に牢獄を抱くそうだ、
たとえば、それはそう
聞こえるもの、聞こえないもの。
感じるもの、感じないもの。
自身、他人、金、権力、愛、有象無象、森羅万象、
そこに人は牢獄を作り上げ、抱かれ、
そして鍵を忘れる。

とある者に数ページの論文を見せてもらった、
そこには『人は婚姻によって幸せにはなれない』と記されていたが、、
つまるところ、人は互いの愛の誓いの名の下に牢獄に繋がれるのだ。
たとえその牢獄から逃げたとしても、そこにあるのは牢にすぎず。

きれた縁は過去への柵となるのだから。
だれも牢獄からは逃げられないのだから。


管理人:2008/02/10

グリーンマイル

獄楽 ▼

グリーンマイルを駆け巡る白いネズミに
冷えたパンを削り分け
その背中に温めていたプランを結ぶ

鉄格子を脱け出たネズミ
女は冷えたベッドでプランを受け取り
春海の波で心を洗う

この牢獄の八百路図を
自在に巡るそのネズミこそ
万に千切れた神の欠片だ

男よ、真摯なプランを繰り返し放ち
女よ、真摯なプランを繰り返し抱け


ゲヘナ:2008/02/11

百万獄 ▼

牢獄に充ち満ちたこの世界で
牢獄を「牢獄」と感じた者はどれほど居るのだろうか。

牢獄の寒さと冷たさに慣れきった人々は
一体何に「寒さと冷たさ」を感じえるのか。

牢獄を巡るネズミに神を投影するならば
牢獄の神に仇なす「悪魔」は如何なるものか。

私は考える。牢の中で考える。
幾千幾万の牢獄の中で、私は一人考える。


〇〇〇〇:〇〇〇〇

仲井戸麗市:遠い叫び

何の罪も無いはずなのに~何らかの罰を受けてる ▼

 看守の目を盗んでは
 まだ見ぬ隣人と刑の長さを自慢しあい
 寝床では罪の由縁を巡る日々

…殺った気はするが…犯ってない気もするが…

 緑の床に横たわる
 囚人の心にも36℃の血潮は送られ
 冷たい部屋を暖める

…その暗い日々に瞬く明かり

 夕日の密林に独り立つ
 看守の目にもニューロンの火は灯り
 その眼光と朝と夜の格子越しに出会う

…溶かすべきは罰の所以

 

rat_soul-min

黄金のリンゴの守護竜ラードーン




Rudolph Tegner

黄金林檎の守護竜ラードーン/Ladon

ラドン。怪物の母エキドナと嵐の神テュポーンの間に生まれた百の頭を持つ不眠の竜。ヘラクレスの12の試練のうちのひとつ「黄金の林檎」を守っています。【wiki】

 


竜胆ヒマワリ:2016/10/18

ゴールデン・アッパーメンの誘惑1 ▼

 今日も英雄は来たらず。
 ガチャに夢中になっているのか?
 スタミナ消費に疲れているのか?
 不眠のラドンも
 夕日に背を向け目を閉じる。

 瞼の裏にはいつもの幻影。
 暗闇の中、振り返る黄金リンゴはシャレコウベ。
 カチカチ鳴る歯から、いつもの口上を垂れる。

「そりゃそうさ。
 この『黄金』はお前のために遺された『生命』。
 この『リンゴ』はお前のために熟した『知恵』。
 私がお前の”さらなる不死の心臓”になろう。
 世の中のすべての絶品を味わい、
 世の中のすべての絶景を眺めて、
…そして、
 お前の望みが絶たれたときに、
 私に心臓を返してもらおう。」

 目を開けるとスッカリ夜。
 しかし奇妙な反射光が目に入る。
!黄金リンゴが自らの力をギラリギラリと放出している!
 思わず光るリンゴを口に隠した。


竜胆ヒマワリ:2016/10/19

ゴールデン・アッパーメンの冒険2 ▼

 たちまちラドンに力がみなぎり、
 たちまち天地の言葉がわかった。
 我こそが英雄だったのだ!
 海に出てレヴィヤタンを屠るのだ!

 初めて泳いだ海の底。
 とっても気持ちが良いもんだ。
 早速発見レヴィヤタン。
 早速突進ラ・ドン・キホーテ。
 吸水流に気づいたときにゃ
 すでに胃の中、カエルすべなし。

 見渡すと、ここは印刷所か?…いや、造幣局か?
 行方知れずの錬金術師が
 七色紙幣を刷っては七色管に流し込んでる。

 ラドン自身も捕らえられエンジンルームに配置済み。
 前後左右の従業員は各地で倒れたはずの数多の悪竜。
 黄金を吸っては紙幣を吐いてを繰り返している。


竜胆ヒマワリ:2016/10/20

ゴールデン・アッパーメンの回想3 ▼

 リヴァイアサンは各地で洪水起こしては
 溺れた人々背中に乗せた。
 マッチも売ったし、ポンプも売った。
 ドルも買ったし、元も買う。

 やがて海をも飲み干して、
 砂漠を這いずるリヴァイアサン。
 ウロコと化した人々のため、
 イナゴの死体を漁る日々。

 ああ、思い出すは若かりし青春の日々。
 黄金は脈打ちながら増殖し、
 生命は黄金のごとく輝いた。
 いまや命も心もモノに成り果て
 取引される計略の世界。

 やがてイナゴも尽きはじめ。
 ウロコは剥がれ、目も霞む。
 四肢が萎えては、背も軋む。
 腹の虫も金を持ち出し、
 死臭漂う胃腸を掻き分け、
 歯抜けの口から逃げだした。


竜胆ヒマワリ:2016/10/21

ゴールデン・アッパーメンの真実4 ▼

 黄色い塵が立ち込める空は低く薄く、
 地は赤錆びた鉄筋コンクリが層を成す。
 北には分厚い氷河の壁が、
 南にも分厚い氷河の壁が、
 まるでモーセが開いた海のごとしだ。

 ボフンッ!

 背後で鈍い破裂音。
 腐敗ガスが臨界越えて、
 四散するリバタリアンの腐った肉と、
 空に舞う錬金された七色の紙幣。

「〜♪絶景かな〜。絶景かな〜。」

 世界の終わりを嗅ぎながら
 思わず鼻から歌が飛びでた。
…その瞬間、黄金リンゴがギラリと輝く。
 ラドンの身体は風船のように膨らみはじめ、

 パン!

 血潮が霧散しコロコロポンポン転がる目玉。
 ラドンの目玉に最後に映ったのは、
 リンゴの顔した金色エイリアン。
 2頭の死体を振り返りもせず
 スタスタ歩いてフイに消えた。
 地平線に走り去ったか?
 それとも宇宙に飛び立ったのか?

 なにはともあれ めでたし、めでたし。

 

gold_alien-min