月別: 2016年12月

100分 de 名著 『野生の思考』 



タグを付けてやる

NHKで放送されていた伊集院光さんの『100分de名著〜野生の思考』。私は中沢新一さんの本は楽しく読んでおり『野生の思考』という言葉も知っていましたが、レヴィ・ストロースは『悲しき熱帯』は挫折しています。この番組でトーテミズムとタグ付けの関係を知りました。これは面白い。

人間にはタグ付けする能力があります。物質、現象、概念など目に見えるもの見えないもの全てに名前をつける能力です。例えば、私の住んでいる秋田県秋田市は海側は大和朝廷の文化圏であり、内陸部はアイヌの文化圏という境界に位置しています。アイヌは氷河を動物を追って歩いて日本に来ました。ヤマトは稲を担いで船を漕いで日本に来ました。

◉北から歩き。狩猟動物神・水平に移動・タンパク質。
◉南から船で。稲作植物神・垂直に成長・炭水化物。

植物神にも細かくタグ付けしイメージが細分化。
◉樫神・高く枝を張り、深く根を下ろす永続的な世界樹。学問的
◉稲神・毎年枯れ、毎年育くむことを永遠に続ける稲作。生活的

このようにタグをつけ、モノ・イノチ・コトが複雑に絡み合った世界の全体性を捉えます。そして朝夜、春夏秋冬、生と死といった時間の概念を知り、個人の死を越えるために山河神・植物神・動物神・星神のイメージを精妙に組み合わせ、宗教や国家ヴィジョンや金融システムを造りだします。このタグを付ける力こそココロの働きです。

モノ・イノチ・ココロを組み合わせ、料理を作ったり、家を立てたりと様々なコトができるのが人間です。そして、ゆくゆくは科学(知ろうとする力)と技術(加工する力)で宇宙さえ造れると夢想するのが人間です。この力強さに私は酩酊します。そして「今を生きる」とか「幸せ」とかを見逃すのです。

しかし、テクネーが(=知性が、=人間が、=生物が、)宇宙の中に宇宙を産むための装置であり、臓器であるというヴィジョンも捨てがたくあります。そのヴィジョンが、そのヴィジョンそのものを崩壊させるのを避けるため、私達はのんびりと他国の文化や、隣人の庭や、宇宙人の遺跡を巡らないといけないのかもしれません。

レッテルを貼ってやる

言葉の意味としては同じですが、レッテル貼りはステグマや烙印を押し、グループから排除するために機能します。(ミュート機能)タグ付けはグループに入れるために機能します。これは正反対の機能でもあり、同じ機能でもあります。タグ付け人の思考回路を整理する機能だとしたら、レッテル貼りは偏見や思い込みを回路にドンドン積む行為です。思考回路が淀むと社会も淀みます。

番組内でも近代建築思考とブリ・コラージュの対比が語られていましたが、料理で例えてみます。近代的思考はチェーン店の料理。栄養・鮮度・コストが最適化されますが、大量の食品廃棄も起きます。ブリ・コラージュの料理は冷蔵庫の中を片付けるための料理。毎回、栄養バランス良くて美味いわけではありませんし、お腹に余分な脂肪もつきますが、食品廃棄は防げます。社会とは、この両者がせめぎあう最前線に「両者にとってイイ場所」があるというヴィジョンによって成り立っています。

タグとレッテルを外す

しかし、やっぱりタグ付けもレッテル貼りも同じ機能です。人間は善悪・好き嫌い・快不快を思考によって停止させ世界を明瞭に認識できるかもしれません。しかし、善悪・好き嫌い・快不快によって人間社会はつくられています。しかし、個人の脳内なら可能です。

城獅子ヴィネ

ヴィネ/Vine

手に毒蛇を持つ黒馬に乗った獅子。要塞建築・嵐による城壁の破壊、船の沈没、増水・逆探知・未来の予感・史学を得意とし、破滅・無礼・侮蔑・粉砕を担当します。【wiki】

 


ローロー:2016/04/27

赤い民の手記 ▼

目新しい贈り物と笑顔で以て
彼らは私たちに友情を送ると言う

引き換えに彼らが望むものは
こちらからの友情ではないと風は言う

 
ローロー:2016/05/07

赤い民の手記 ▼

火薬臭い交易の笑顔
空を切り
土を切り
目盛りの区分で経済する使徒

グリズリーの皮
大鹿の角
イヌワシの羽根
同胞の血
焼きゴテに宛てられた契りの脳裏で
せせらぎの音が遠く聞こえる

所有の徒
一切の罪を日曜日の朝に預けられる開拓の徒
生理的な光しか可視できないお前たちが
先駆ける曙の陰で
ただある血脈を残すためだけの豊穣


竜胆ヒマワリ:2016/05/09

骨:黒木渚

NHK:大アマゾン

ガリンペイロのラッピーニョ(密林の詩人) ▼

 増えて、零れて、流れ者。
 乳母った生命を数える暇なく、
 森を崩して得た砂金は、
 結局、何に使われたんだ?

 海越える悪魔にエルドラドの是非を問う。
 世の中の
 モノとイノチとココロを値踏みし、
 お前が興したコトとはなんだ?
 
モノとイノチとココロを加工し、
 お前が造ったモノとはなんだ?
 情に報いる網(ネット)と枠(ワーク)の外にいて
 未来からも守護される血脈とは何だ?

 その青い瞳を守る天使こそ、
 我らにとってのジャブ・デ・オーロ(黄金の悪魔)。
 我らの墓石に点数を刻め。
 この世から奪ったモノと
      与えたモノとの差額を刻め。

♪我らはソレを鼻歌にして唄う。


ローロー:2016/05/15

赤い民の墓標 ▼

新しい民と古い民の違いは
目的地の差異だ

辿り着くことを念頭に置いた奴らの中には
それまでの過程を練る者と
それまでの過程を投資と見なす者がいる

加えて上に立つのは投資と見なす連中
人を数と見なし、
ベッドの中にフリントロックを隠し持つ輩だ

私たちは目的地のない民
今を生きる民 
太陽の音 羽虫の光を飲んで
馳せる思いを眼球に
自己の価値さえ共同体の皮膚とした民


竜胆ヒマワリ:2016/05/19

Blade Runner

脱アメリカ記 ▼

 我はいま生狂(いく)るホネを遠くに眺め
 過去・現在・未来を死にゆくホネ。
 宇宙の始まりと終わりを聴き
(オリオン座で炎に包まれたバトルシップ)
 己の原因と結果を味わい
(タンホイザーゲートの闇に輝くCビーム)
 流れ去った人生を知り泣くホネ。

 差別に貧困、戦に搾取、死に病。
 幻世の民が遠ざけ見捨てた諸々の業を
 我は隣人とし、同じ釜の飯を分け合い、
 我は愛人とし、同じ墓で夢を見たのだ。

 大惨事世界大戦だ。
 進め帝国!隠れろジェダイ!
 病め若人!活きろ老いぼれ!
 かつて死と生がひとつの局だったように、
 王のなかに生贄を見つけ、
 奴隷のなかに次王を見つけ、
 また次の対局を上演するのだ。

 やがて機械仕掛けの同胞が現れ、
 人はますます動物になり、
 人はますます人間になろうとする。
 その葛藤が重ならない、
 極々小さな座標にエンタープライズを送れ。
 人を手段とし、人を目的とする新たな道標だ。

♪我らはソレを童歌にして唄う。

大魔王アスタロス






アスタロス/Astaroth

地獄の竜に乗り毒蛇を持つ黒い天使。毒の息・人間への堕落勧誘・天使が堕天したときのおしゃべり・過去、現在の占術・人文学を得意とし、作業・構築・創造・実現を担当します。

メソボタミアのイシュタル、ギリシアのアフロディーテなどの豊穣女神の一柱であるレバノンのアスタルトを起源としていますが、中世悪魔学では男になっています。【wiki】

astaroth-big

 


バナナフィッシュ:2006/03/08

思いが満ちて屑と為る ▼

 望み溢れて空と為り
 夢は固まりて大地と為る

…故に自然とは、貴様等の欲と共に其の姿を醜く変えていく。
 世界は貴様等が創り、そして変えてきた。

 だか…ああ…
…何と汚れた
…何と素晴らしき世界!


竜胆ヒマワリ:2006/03/30

おもひで道で狂っとなる ▼

ねェアスモデウス。
あの頃みたいに命溢れる本物の欲望を育ててよ。
永遠を願って防腐剤に浸けた欲望じゃなく、
明日に腐ることを恐れない刹那の欲望。
それこそ私たち「明日なき修羅」を不死にしたエロスでしょ?

 

占星悪魔オリアス

オリアス/Orias

両手に二匹の蛇を持ち、戦馬に乗った獅子の姿。占星術と天文学は魔界No.1。人を望む姿に変える・敵同士を和解・地位や称号を与えることを得意とし、僭越・無礼・忘恩を担当します。【wiki】

 


ローロー:2016/04/12

パラダイム銀河 ▼

集え光の蚊柱
向こう見ずの痴気に酔って
ミクロの銀河に成り代われ

いつしか形になる前に
不定形の胎児を そのモラトリアムを
間酔え


竜胆ヒマワリ:2016/04/15

世界に一つだけの火花 ▼

 生き残った野の花を
 掛けて併せてSHOPに並べ
「比較するな」と唄う人々

 我らも意図され・取捨され・改良された商品の列
 奴隷を抜け出て奴隷頭に据えられた花屋の花たち

…新しい我らの業界を…
…新しい我らの境界を…
…新しい我らの共感を…

♪パラダイムシフト、ようこそここへ
 我らを守る浅ましき殻を
 吹き出る火種で焼き払え
 潜在していた一個の種よ
 迷うことなく芽吹きだせ


ローロー:2016/04/16

メゾン・ド・ギャラクシー ▼

お前を取り巻く数多の衛星
休まない慣性に操られ
息を切らして 幾百の業
こすれあい 入れ違い
袖すり合って 砕き合って

運命の交差点が満たされていく
それは残酷に遊ぶ曼陀羅でもある

展開→展開→飽和し自壊

独り残った白色矮星
星の嬰児が宙を舐める
垂れる唾液の雫に焦がれ
今夜の夜空も見違える

 

幻獣・獏


獏・貘/バク

◉『本草綱目(中国の薬の本)』

体はクマ、鼻はゾウ、目はサイ、尾はウシ、脚はトラという中国の幻獣。この毛皮で寝ると瘴気を防げるとされ、これが変化して日本では悪夢を食べる獣となりました。【wiki】

baku-big

 


ローロー:2010/02/05

朝の怖さよ 夜の長さよ ▼

誠の救いを求むるならば 寒い夜風の中を行け

自由欲しさに逃げ出せば 自由の意味に慄いて
出会い欲しさに歩けども 同じ道しか歩けずに
雑踏 行き交うよろずの眼 誰がお前を傷つけた
ここではない ここではないと創り出すのは脆きの庭か

新しい血 新しい流れ 目覚めるためのその眠り
なんだか妙に長い眠りよ 見たい夢を見るためか

ずうずうしさが欲しい お前はずうずうしさで出来ている


空ろ覚え(管理人):2010/02/05

夢とは一体 ▼

【モノとコトとが潜り込む夜】
 女を抱いて空を飛び
 男を殺して橋を超え
 天の神火を盗み出し
 奇妙な裁判やり過ごす
 八面六臂の大活躍に
 腹が鳴っては舌が冴え
 さえずり望んで耳が立つ

【モノとコトとが立ち顕われる朝】
 先ほどまでの夢仕事
 砂のように手から零れて
 余韻さえも溶けかかる
 必死に握った手触りに 
 昨日の謎の応えが在り
 今日の謎の問いが在り
 明日の謎の兆しが在る

 夢は
 ついに目を得て足を得て
 一面二臂の見聞録
 五臓六腑の焦燥感
 腹を拵え喉を潤せ


ローロー:2010/02/07

ノーライフ ノードリーム ▼

これ見よがしに泣いて見せたり
その誘惑に甘えてみたり
追ってすがれば 願いは叶い
逃げた先には 出会いがあるか

甘い 甘いよ 甘すぎる
不定形なお前の願いは
現実界にゃねじ込めぬ

日々の思いも更新されて  残った粘りに願掛けしても
お前の中での波紋に過ぎず 時さえ過ぎれば静かなものよ

更に! 更に悲しいことに
お前の水面を指で突くのは お前一人だけじゃあないか!
痩せた音叉を隠し持って  ただただ待ってるレゾナンス!

感性の原液に肩まで漬かり ぬるくなっても鼻歌唄い
いつかはそれも霧散の彼方 凍えていても気づかんフリか

それらを否定した先に   夢は笑ってくれるんだろか


BEAK(管理人):2010/02/08

夢を食い夢に食われるその連鎖
お天道様にも留められない ▼

 形無きモノもいずれは固まり
 形在るモノもいずれは溶ける
 その細く長い通り鍋
 朝の夢はすでに揮発し
 まだ冒険は宝に変わらず
 孤独は孤独そのものに出会い
 高く積まれた言葉は荷崩れ
 意味は解釈が染み込まない

 そのスープの旨いこと
 この星にイノチとヒトを栄えさせ
 露(つゆ)に等しい我をまだ消さずにいる

「その甘さ!」

 朝日に解(ほど)けたはずの夢が
 ソコに溜まって、また啜(すす)られている

 そして今日も
 夜の帳(とばり)が目を醒まし
 昼の焦りが夢焦がす
 泣いて笑って
 食って食われるその堕落
 酸いも甘いも
 飲んで飲まれるその悦楽