進撃の巨人

進撃の巨人12巻

進撃の巨人は原作もアニメも本当に凄い。特に…ユミルさまマジ女神…というわけで今回はユミルの凄さをメモしておこう。ユミルは脇役ではあるが、作品テーマの核を担っている重要なキャラクターだ。

装甲をまとって戦うコンテンツは【ウルトラマン→ガンダム→エヴァンゲリオン→進撃の巨人】と昭和から平成まで脈々と続いている。(特にエヴァはシンジの自意識・プラグスーツ・LCL=羊水=子宮=母・怪物=巨人・拘束具・ATフィールド…と、各種装甲のマトリョーシカだ)。進撃の巨人も、この系譜の中にある。特に「巨人を食うと記憶と能力が継承される」というアイデアは、円谷を食う富野、富野を食う庵野、庵野を食う磯山…と連想が広がっていく。こうして戦うコンテンツは脈々と紡がれているのだ。

その中にあってカイ・シデンはカッコイイ。ジャーナリストとなり装甲を脱いで生身で「戦争そのもの」と戦うんだもん。そりゃアムロやシャアよりカッコイイだろ。ユミルもカイと似ている。その三白眼。その口の悪さ。所属集団に固執せず、だからこそスパイを助けたりもできる。だからこそ「戦争そのもの」を陣営を越えて見ることができる。俯瞰しながらも、結局は戦場に身を投じる。それも軽やかに。

ユミルとカヲルも似ている。ナゾな宗教組織のアイドル。だからこそ他人の心理分析や交渉が上手い。他人の体によく触る。同性愛。物語のナゾそのものの役目を担わされている。(ユミルは偽だが始祖の名を与えられている。)誰か一人だけを助けようとしている。しかし最後には「その誰か一人」を捨てて、戦いそのもの・世界観そのものに終止符を打つため自身を犠牲にする。

ユミルは世界を俯瞰で見る。斜にかまえている。彼女自身の知性と生い立ちのためだ。だが、ここぞ!というときは衝動で動く。後先考えない。なぜなら、彼女の感情・衝動は思考や知性が結晶化・武器化したものだからだ。長大広大な世界観を持ちながら衝動で動く。だからこそ、ベルトルトの声を聞ける。ベルトルトを見つけられる。たくさんの人が良かれと思って取った行動が地獄を創ってきたが、全ての先達の選択を「良し」に転換する可能性を現世代は持っている。ユミルはその体現者だ。

ユミルさまマジ女神。進撃の巨人が大大円を迎えることを祈っております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)