anu-min
アヌ
Anu

◉ アッシリア・バビロニアの天地創造神話『エヌマ・エリシュ』

世界の基礎を作った天空神であり、罪人を裁く裁定神。また神々の集団「アヌンナキ」の父・王・司令官です。その頭部はジャッカルとして表わされることもあり、エジプトの裁定&冥界神アヌビスに通じます。また先代王アラル天空神を謀反で追い落とし、のちに息子に性器を切られて王座を奪われるのはギリシア神話の天空神ウラノスに通じます。【wiki】

wraith-min
宴結び:2016/10/23
no where ▼

私は闇――― 奥底の声。
安息の木陰の闇 灯りなき寝台の闇 それよりなおも近い、私。
擦り切れ、沈み、流れ落ちる傍ら 無言に寄り添う
視界の外側で 涙の行く末を静かに聴き届ける、その虚空。
そこに私はいない。

私は闇――― 報われない心。
欠けゆく月の闇 まばたく裏側の闇 何ものにも気取られぬ、私。
瞳を覆い、共に迷い、不安の中にあって 柵の外へと導く
遠く彼方 確かにある星を映し、ここに夜を捧げる。
その光で私は消える。

これは闇――― 望みなどない。
落ちていく帳の闇 閉じた劇場の闇 もう溶けて消えた。
浮かぶのは思い出 沈むのは声 ぼやけたシミ
形のないもの なにも残らないもの、産まれそこなった影。
そこにはなにもいない。

anu-min
竜胆ヒマワリ:2016/10/24
ou topos ▼

 いえなかった言葉
 できなかった動作
 人はいつでも苦悩して
 目の前の生を素通り。
…その愚かさが
 そこら宙に消えては生まれる
 ダークマターの形を認める

 いいたい言葉
 したい動作
 人はいつでも期待して
 目の前の生を素通り。
…その鈍さが
 四六時中に生まれて消える
 ブラックホールの重さを識る

 生を超え
 死を越え
 思考は留まりながら加速して
 目の前の生を素通り、
…その渦と螺旋が
 すでに消え
 これから生まれる
 すべての文明と
 コンタクトする

fairy-min
ローロー:2016/11/05
闇と子のうた ▼

殺しきれない望みを抱いて
空洞の蛇がうねっていくよ

砂時計の夢に入り込んで
とぐろを巻いて砂を塞ぐよ

頭のなかも
昨日のことも
置いて出てきて 道も忘れて

今夜も夜空を塗ろうと努めて
血のないからだに噛みついているよ

半分になって 幾何学になって
水玉になって 明日を待つよ

snake_hourglass-min


One thought on “天空神・アヌ


  1. ▶ WHO IS ANU(ANN)

    ▶ Mesopotamian Gods & Kings

    メソポタミアの神々を検索すると”ニビル”なサイトが沢山ヒットします。
    というわけで、アヌはオカルト担当かな?
    ヤハウェや弥勒菩薩とは違う味わいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)