幻獣・獏


獏・貘/バク

◉『本草綱目(中国の薬の本)』

体はクマ、鼻はゾウ、目はサイ、尾はウシ、脚はトラという中国の幻獣。この毛皮で寝ると瘴気を防げるとされ、これが変化して日本では悪夢を食べる獣となりました。【wiki】

baku-big

 


ローロー:2010/02/05

朝の怖さよ 夜の長さよ ▼

誠の救いを求むるならば 寒い夜風の中を行け

自由欲しさに逃げ出せば 自由の意味に慄いて
出会い欲しさに歩けども 同じ道しか歩けずに
雑踏 行き交うよろずの眼 誰がお前を傷つけた
ここではない ここではないと創り出すのは脆きの庭か

新しい血 新しい流れ 目覚めるためのその眠り
なんだか妙に長い眠りよ 見たい夢を見るためか

ずうずうしさが欲しい お前はずうずうしさで出来ている


空ろ覚え(管理人):2010/02/05

夢とは一体 ▼

【モノとコトとが潜り込む夜】
 女を抱いて空を飛び
 男を殺して橋を超え
 天の神火を盗み出し
 奇妙な裁判やり過ごす
 八面六臂の大活躍に
 腹が鳴っては舌が冴え
 さえずり望んで耳が立つ

【モノとコトとが立ち顕われる朝】
 先ほどまでの夢仕事
 砂のように手から零れて
 余韻さえも溶けかかる
 必死に握った手触りに 
 昨日の謎の応えが在り
 今日の謎の問いが在り
 明日の謎の兆しが在る

 夢は
 ついに目を得て足を得て
 一面二臂の見聞録
 五臓六腑の焦燥感
 腹を拵え喉を潤せ


ローロー:2010/02/07

ノーライフ ノードリーム ▼

これ見よがしに泣いて見せたり
その誘惑に甘えてみたり
追ってすがれば 願いは叶い
逃げた先には 出会いがあるか

甘い 甘いよ 甘すぎる
不定形なお前の願いは
現実界にゃねじ込めぬ

日々の思いも更新されて  残った粘りに願掛けしても
お前の中での波紋に過ぎず 時さえ過ぎれば静かなものよ

更に! 更に悲しいことに
お前の水面を指で突くのは お前一人だけじゃあないか!
痩せた音叉を隠し持って  ただただ待ってるレゾナンス!

感性の原液に肩まで漬かり ぬるくなっても鼻歌唄い
いつかはそれも霧散の彼方 凍えていても気づかんフリか

それらを否定した先に   夢は笑ってくれるんだろか


BEAK(管理人):2010/02/08

夢を食い夢に食われるその連鎖
お天道様にも留められない ▼

 形無きモノもいずれは固まり
 形在るモノもいずれは溶ける
 その細く長い通り鍋
 朝の夢はすでに揮発し
 まだ冒険は宝に変わらず
 孤独は孤独そのものに出会い
 高く積まれた言葉は荷崩れ
 意味は解釈が染み込まない

 そのスープの旨いこと
 この星にイノチとヒトを栄えさせ
 露(つゆ)に等しい我をまだ消さずにいる

「その甘さ!」

 朝日に解(ほど)けたはずの夢が
 ソコに溜まって、また啜(すす)られている

 そして今日も
 夜の帳(とばり)が目を醒まし
 昼の焦りが夢焦がす
 泣いて笑って
 食って食われるその堕落
 酸いも甘いも
 飲んで飲まれるその悦楽