カテゴリー: ケルト・北欧神話

始祖の巨人ユミル

始祖の巨人ユミル/Yumir

耳障りにわめき叫ぶ者/オーディンらを産み、オーディンらに倒された原初の巨人。その死体は大地に、流れた血は海と川に、砕かれた頭蓋骨は星となり、髪の毛からは草花、腐肉に湧いた蛆から妖精が生まれた。【wiki】

進撃の巨人12巻/amazon

進撃の巨人は原作もアニメも本当に凄い。今回は特に凄いユミルを紹介しよう。

「装甲をまとって戦う巨人」というコンテンツは戦後の日本で【ウルトラマン→ガンダム→エヴァ→進撃の巨人】と脈々と続いている。特にエヴァはシンジの自意識・プラグスーツ・LCL(羊水=母)・エヴァ本体(科学技術=父)・拘束具・ATフィールド…と、各種装甲、各種逃避のマトリョーシカだ。父性敵怪物と母性的怪物のミルフィーユ。攻撃からの耐性と拒否、敵と味方の二元論が加速して最後に突破される。

進撃の巨人も装甲巨人系譜の中にある。特に面白いのが「巨人を食うと記憶と能力が継承される」というアイデアだ。円谷を食う富野、富野を食う庵野、庵野を食う磯山…日本の各時代を反映し続けるコンテンツ群の厚みに感謝と感激しかありません。

この敵と味方に引き裂かれた二元論の物語に橋を架けるキャラがユミルだ。ユミルは斜にかまえている。世界を俯瞰で見ている。彼女自身の生い立ちと知性のためだが、ここぞ!というときは衝動で動く。後先考えない。巨きな世界観を持ちながら衝動でも動ける余裕がある。(年の功か?)だからこそ、ベルトルトの声を聞ける。ベルトルトを見つけられる。団長を助けられる。クリスタから離れられる。このようなキャラがガンダムやエヴァにもいる。

 ガンダムのカイ・シデンはカッコイイ。一年戦争後はジャーナリストとなり装甲を脱いで生身で「戦争そのもの」と戦う。そりゃアムロやシャアよりカッコイイ。ユミルもカイと似ている。その三白眼。その口の悪さ。所属集団に固執せず、だからこそスパイも助ける。だからこそ「戦争そのもの」を陣営を越えて見ることができる。達観しながらも、結局は戦場に身を投じる。それも軽やかに。

エヴァではカヲルくんだろうか?ナゾの宗教組織のアイドル。偶像。入れ物。そんな境遇のためか他人との心理のやりとり・交渉に慣れている。他人の体によく触る。同性愛的。物語のナゾそのものの役目を担う。(ユミルも偽だが始祖の名を与えられている。)誰か一人だけを助けようとしている。しかし最後には「その誰か一人」から離れ、戦いそのもの・世界観そのものに終止符を打つため自身を犠牲にする。

 

ローロー :2017/06/21

肌 ▼

世界の肌に触れたい
肉壁に触れたい 脈を感じたい

我らを包んでいた世界の肉に
いつしか大きな柱が刺さり
白い塩の柱が刺さり
その体温から遠ざけられた

全方位からそびえる柱に支えられ
人を世界から隔離したコロニーの地平
嘘の風を吸い
仮の水を飲み
偽の土を踏みしめる
炎だけが本物だ 炎だけが……

かつての人は
見えない翼をもち
見えない牙をもち
見えない尾をもち
世界の肌に額をつけて 感じていた
最小から最大に至るまでの
膨大な生と死の波打ち際を

暖かな暗がりの中で
顔の見えない母の中で
世界の肉に接吻しながら
保ちつつも溶け合いながら

竜胆ヒマワリ:2017/06/24

辛福な皇子 ▼

 砕かれた顎
 摘まれた乳房
 毟られた脇毛
 断たれた四肢
 両目だった穴からは泉が湧き
 抉られた心臓からは血の海だ
…そして蛆が湧く

 奪ったモノの上に肥えながら
 失くしたモノのために飢えながら
 腐肉の毒にぬたうち生きる
 星の欠片を継ぐ子どもたち

 東西より持ち込んだ凶兆で
 オロンパス(世界の臍)に梯子を建てよ
 古今への吉兆を祈り
 天まで延びた、その梯子を燃やせ

 泣け、喚け
…白く透明な蝿に成るまで
 狂え、踊れ
…上昇する気流に乗るまで

ローロー :2017/06/24

昇天十字軍 ▼

僕の哀れなお母さん
瞼は開き 口は開き 指先は二度と握れない
僕の哀れなお母さん
虹が刺さり 海水が染み込み 散り散りに分かたれていく
そうれ 皆、運動だ
隊列組んで運動だ
ぬるく潤う母の大地で
おぞましいほど幾何学だ

そうれ 皆、上を見ろ
唇かんで上を見ろ
空の青さに紛れた隆起が
届かぬ僕らの父さんだ

お母さんから沢山奪って
至天に隠れたあのろくでなし
入道雲を侍らせながら
星降る夜に白く湿った
ミルキーウェイとしけこむぞ

お母さん
近い未来に僕たちは
白い羽もて空隊組んで
甲斐性なしを撃ちに行く
夢見るあいつの天之鉾に
幾千の唾吐きかけて
お母さんの似顔絵かいた
僕らの旗を立ててやる

お母さん 僕らは命短くて
お母さん 明くる朝にはロストする
お母さん 僕らは光に憧れて
お母さん 頭数とて切り崩す
お母さん……!

悪竜ニーズヘッグ



ニーズヘッグ/Nidhoggr

別名ニズヘグ、ニードホッグなど。怒りに燃えてうずくまるもの。北欧神話の世界樹ユグドラシルの根をかじる白い幼虫竜。神々の最終戦争ラグナロクを生き延び、地下から死者を引く連れて飛ぶ黒い飛竜となります。【wiki】

カビの精霊モース

モース/Mors

ピエール・デュボア/妖精図鑑』に載っていた記憶があるのだが手元にないので確認していません。確認し次第追記します。

mors-big

 


宴結び :2015/11/26

枝実無根 ▼

笑いたいから、笑う
   嬉しいからじゃなくって

怒りたいから、怒る
   悔しいからじゃなくって

泣きたいから、泣く
   悲しいからじゃなくって

楽しみたいから、楽しむ
   楽しいからじゃなくって


ローロー :2015/11/27

風化の季節 ▼

地に立つ足から昇る潮流が
脳裏に溜まって突き抜ける

去り行く秋がさよならの口づけ
冬の追い風に流され旅立つ

名を捨て 意を捨て 肌身を木枯らす
情緒の赤錆が拭われていく
乾いた葉になり吹かされていく

 

plant-min

木霊コダマ

木霊/コダマ

樹木に宿る山の精霊。「ヤッホー」と呼べば「ヤッホー」と返してくる例のアレです。多くは山に住み、里の人間との交流はありませんが、山道を作るさいに大きな樹を切ろうとすると事前に警告し、事後に祟ります。【wiki】

▶MatthewMeyer.net/おじさんの幽霊風
▶妖怪うぃき的妖怪図鑑/犬風。中国の伝説上の猿「ヤマコ」らしい?
▶幻想世界神話辞典/ギリシャ神話の森のニンフ

”コダマ”でgoogle画像検索する屋久島と白い顔に見えるモヤの組み合わせの画像が大量に出てきます。『もののけ姫』以降の現象のようです。

トナンタナティ/Tnantanaty

オリジナル。豆の妖精。豆は【魔滅】に通じ、鬼や死者を呼び出し、また送り返す力があります。インディアンも節分の時期に豆をつかって鬼を呼び、鬼を返す行事をやっていたとか。

tonan-big

 

ハートライオン/Hrtlion

オリジナル。ライオンの名を冠しますが肉も草も食べません。樹木の間をのっそりのっそりさまよっています。

hrtlion-big

 

花仮面/はなかめん/Flower mask

オリジナル。山仕事を低報酬で手伝う心優しく力持ちな精霊。樹を必要以上に切る者は問答無用、容赦なしにぶん殴り、関節を極め、ダウンを取ります。

hanakamen-big

 

牙菜(樹花)/キバナ/Fang flower

オリジナル。森の奥深くに住む凶暴な木霊。種を散弾のように発射し、肉に食い込んだ種は数時間で根を生やし発芽します。

kibana-big

 

 


ウィリアム・アンダーソン

グリーンマン

ある特定の植物や樹木への愛が生まれるとき
私たちは香りの働きかけよりも
もっと微妙で直接的な感情の絆をつうじて
草や樹木の属する大植物界と結ばれている。

そこは懐の深い知恵のそなわった世界であり、
私たちがそこからの問いかけに応じることができるのも、
私たちが人間の本質のうちに
植物の世界を所有しているからである。