有翼魔狼・マルコシアス

マルコシアス
Marchosias

侯爵として悪霊30個師団を率いる有翼蛇尾で炎を吹く狼。または顎鬚を生やした輝く王冠を被った二刀流の皇子の姿。(この姿の方が強い)一撃離脱・ファイヤブレス・話術を得意とすし、自画自賛・自信・快楽を担当します。【wiki】

竜胆ヒマワリ:2016/04/06
ホモ・サケル 主権権力と剥き出しの生 ▼

今日、存在は衰弱し、消滅していくなかで、剥き出しの生が露わになっている。テクノロジー装置の異常肥大が新しい未曾有の奴隷制を産み出すことで終わったとしても、驚くにはあたらない。

G・アガンベン『身体の使用』より

ローロー:2016/04/07
一億総員贄の畦道 ▼

持って産まれた皮を剥がされ
小さく小さく生まれ変わっていく

父母に貰った名前も奪われ
意識の座標も軸を失う

温故知新の名を借りた膨大なコピー 
もて余した部屋で増殖するがいい
お前らの太陽となる青い蛍光灯を俺は愛そう
そして忘れるなかれ

坂を落ちていく灰色の末裔たちよ
その血をたどり行き着くのは
山河風雨に弄ばれた生身達の涙だという事を
自らを未来の人柱とし
それによって我が子の腹を満たそうとした
その挙げ句 果てなき挙げ句

40_gremory-min
竜胆ヒマワリ:2016/04/08
男どアホウ ▼

私が探すはドアホウだ。
アフォーゥ、アフォーゥと呼びかける。

御しやすいフヌケじゃない。
宮中でも牢獄でも
自らの道徳律を行使する
本物の悪党だ。
アフォーゥ、アフォーゥと呼びかける。

『男どアホウ!甲子園 ED』より

竜胆ヒマワリ:2016/04/08
男一匹 ▼

 史上初めて人類は
 宗教の尊徳から自由になって
 個人の損得、追って走って、
…いつのまにやら夜。
 市場の網に絡まれて眠る。

 目覚めると、荒れた田園。
 土は固く、道も見えない、
 かつて捨てた我が故里。

 遠くで野犬が
 アフォーゥ、アフォーゥと呼んでいる。
 釣られて嗚咽が
 アフォーゥ、アフォーゥと吹きこぼれ。

『男一匹 ガキ大将​』より

ローロー:2016/04/08
葦を掴め ▼

宗教がどのようにして、
現実世界に染み込んでいったか。
資本の風がどのようにして、
たなびく旗からそれを拭い去ったか。

綿々と編まれたガーゼ

シャクシャクと切り進む現人の利き手
もう悲しくなんか、ない。
常に飢えてさえいれば
諸々と同じ旗を振れるから。

竜胆ヒマワリ:2016/04/10
孤高存在サイクロン ▼

縦の糸がアナタなら、
横の糸はワタシだわ。
そこに染みこむ数多の記号。
古今東西ライフズタイル。

泣く母が英霊のために振った旗。
菊千代が泣く百姓のために立てた旗。
ルフィが泣くロビンのために撃った旗。

すべての旗は解(ほど)かれ編まれる。
他者の生命を噛みながら維持し、
他者の時間を囲いながら貯め、
それでもなお、目指す獄楽。
それでもなお、保つ日々。

自らの虚を使い果たして
暴風のなか掲げるべき白き旗。
震えー 震えー

自らの業を使い果たして
熱病のなか撃ち落とすべき黒き旗。
奮えー 奮えー

地獄憲兵・アンドロマリウス

72_andoromaius-min
地獄憲兵
アンドロマリウス
Andromalius

侯爵として悪霊30個師団を率いる片手に蛇を撒きつけた男。盗まれた物の発見・秘密の取り引き・犯人逮捕を得意とすし、親切・寛容・奔放・浪費を担当します。【wiki】

72_andoromaius-min
竜胆ヒマワリ:2008/03/02
王になろうとしない者だけが王にふさわしい
 ▼

力を欲する者が、
より権力の中枢に近付く仕組みは
真善美を追求する力学を誤害するのだ。

41_marax-min
ローロー:2008/03/05
盲目は何処を求める ▼

審美眼だけを道標に生きてきた吹きっさらしの根無し草
最果ての駅へ向かう線路を歩いていたら
頭の中で膨れ上がるノスタルジア
決して近づけないことを前提に憧れた情景
歓喜で全てが潤う心地だった 未来の道が未知に満ちて
最果ての駅に着いたとき彼は何処かに召された

そんなお伽話を前提にして大人になった人間は
最果ての駅を求めるうちに知らない間に脱線してた
もう一歩も戻れないと決め付けて
審美の視線も遮って どこにも召されなかった

72_andoromaius-min
竜胆ヒマワリ:2008/03/05
マラックス‥君はとっても疲れてるみたい
‥なんだかとっても眠そうだ ‥ ▼

 命より美しいモノを見るために
 吹雪の中を歩き始めたトキから
 他のヒトにはわからないマインドマップを大地に刻む。
 人生から余計なリアリズムは振い落とされ
 生活から余分なニヒリズムは振り払われ
「生」のビートが脈打ちはじめる。

 だから私は
 彼が辿り脱げた線こそを道標と呼び
 心を決めて瞑った目こそを召命と名付け
 何処にも辿り着かなかったことこそを歓喜と説こう。

『道標 流して 人独り
 召命 用いて 紲(きずな)を気付き
 歓喜 回って 日を捲(まく)る』

 誰の役にも立たずに埋もれた
 全ての根無し草とお伽話と地図にも心配りを。
 その藻屑こそ社会の土壌なのだから。

boy_01-min
ローロー:2008/03/10
愚者 満ちる ▼

膨れ上がって砕かれて
踏みしめられて歩かれて
平面になりつつある過去の遺志の端末

理知の顕微鏡で見てみたら これは愕然あら不思議
禍々しくて 懐かしい 過去の美醜がうじゃうじゃと
未知の圏美境へ辿り着く あなたとわたしのランデブー

心のどこかで疑った 得体も知れぬザナドゥに
毒の中でも毒されない コスモポリタン立ち入って
互いに電波を飛ばしあい 色さえ変わる形も変わる

誰かに何を見られても 例え何と言われても
全然ぼくには関係ない 何かになりたいわけでもない

そうさ ただただ感じるままに
思いのままにそのままに

もはや何も要らないぜ 僕には世界も必要ない
僕も知らない僕のまま 生きていけたらうれしいな

king-min

魔鳥・ハルファス

04_halphas-min
ハルファス
Halphas

血のように赤い目に、屍臭を漂わせたカモ・カラス・コウノトリ・ハトの姿。または片足を露出した緑衣のかすれた声の女性。戦争全般・要塞の建築・武器の補給・兵士&艦船の適格で迅速な派遣・人々に戦争を吹き込むのを得意とし、剣の腕もあります。これらの技術を人間に無償で与えるのは、彼が望むのは流血そのものだからです。高慢・高貴・富・権力・うぬぼれ・無礼を担当します。【wiki】

06_malphas-min
名もなき者よ:2016/09/21
あゝ大砲 ▼

あゝ大砲
一つうちゃ門が崩れ
二つうちゃ家が吹き飛ぶ
三つうちゃ十字架をなぎ倒す
おお大砲
これが人の世の曙か
人が神に勝ったのよ

04_halphas-min
ローロー:2016/10/04
やあ大砲 ▼

吹き飛ばして 黙らせろ
大鉛のシャラップ

子犬だって蹴飛ばせる
さあ無情のフィニッシュ

右肩そのまま持っていかれた
右肩下がりの ひめゆりの
手をとり飛び込む日差しの断崖 
花いちもんめのスーサイド

また月日が過ぎれば

惑星間の弾道閃光
銀河模型のバタリオン
民間企業の武器商人の
笑顔で振り撒く GOGOカルマ

鳩よ舞え
花よ散れ
子らよ歌えよ
パッヘルベルの

肉のない
熱のない
意志もかきけす
パッヘルベルの

war-min

 

04_halphas-min
宴結び:2010/04/28
カノン ▼

さあ今だ撃つのだ 猟人よ 侵略者よ
 汝が追いかけて 追いかけて
  汝が追いかけて 追いかけて
           追いかけて
銃口を向けて 砲塔を並べよ
引き金を引き 火縄に灯せば

嗚呼、今だ討つのだ 弾丸よ砲弾よ散弾よ榴弾よ
 汝が追いかけて 汝が追いかけて
  汝が追いかけて 汝が追いかけて
              追いかけてくる
 我に迫りくる 我に迫りくる
  汝が追いかけて 汝が追いついて
              肉に触れ

きっとそれは我を打つ
 繰り返し 繰り返し
      何度も

15_barbatos-min
バルバトス(管理人) :2010/04/29
人間は歴史から「人間は歴史から学ばない」ことを学んだ ▼

 引き金の端正なタイピング
 頭蓋を跳弾するリズム
 崩れた膝のステップ
 破れた動脈の最後のシャウト

 ………………………………

 魂への畏怖と罪は鎮静され
 繰り返し間引かれる生誕のタイミング
 繰り返し世界を商談するイズム
 繰り返しクズれる株券でストップ
 繰り返し焼かれる道楽なベストショット

 ………………………………

 耳をすますべきはあの一瞬の吐息
 目をさますべきはその怠惰な鎮静歌

06_malphas-min
宴結び:2010/04/29
ロンド ▼

 くりかえしのうた

砲身をならべて 進めや進め
何度でも 何度でも

喉元をすぎれば血の味だって忘れる
瘡蓋の下からじわりじわりと噴出す膿の泣き声に一小節

方針をそろえて 進めや進め
幾度でも 幾度でも

軍靴の音を軍歌の声を
急ぐのだ、いや待つのだ?
未だ知ることのない骨へと響く一小節

放心をたたえて 進めや進め
空虚でも 空虚でも

荒廃した大地と銃声の合間
そこに確かに残るリフレイン
肌は破けて皮となりぴりぴりばりばりと裂ける一小節

疱疹をかかえて 進めや進め
最後でも 最後でも

滴る汁を飲み干して
溢れる汗は飲み下し
インスピレーションは神経に電気を流し
尿と流して一小節

  (*くりかえし)

hokuto-min
北斗星君(管理人):2010/04/30
競争曲 ▼

金も銀も使いはたし
翼も干涸び馬も禿げ
角も槍もとうに折れ
王も玉も捕れてなお
9×9の枠を掘削しながら工兵たちのゲームは続き
ゼロフラットな荒野へと零れ落ちてゆく

眠っても同じ景色
反転の転轍機は遥か彼方か?
通り過ぎてはなかろうが?
あの薄曇りは反撃の狼煙の名残じゃないのか?
この怒号とデマと呟きは復活の呪文の欠片じゃないのか?
起きても同じ景色

頭の中の∞☓∞の基盤
退屈しのいで頭蓋を囲み
薄れて破れた海馬から
毎夜絶えない革新の歌・保守の歌
狂想曲が来越えてくる
ア・セッション!

新しい一歩
新しい一手
新しい朝

魔界狩人・バルバトス

15_barbatos-min
バルバトス
Barbatos

ホルンを吹く四大元素精霊王を引き連れた猟師。灰色のマント・真紅の房のついた緑の帽子を冠っています。友人間の不和の調停・魔術師に隠された財宝の発見・動物語(特に鳥)を得意とします。絶望・残酷・無慈悲・悪意・苦難・損失を担当。【wiki】

15_barbatos-min
竜胆ヒマワリ:2015/12/12
逃がした烏 ▼

奴を追って幾星霜

 蓮花に惑う奴の寝床。1日違い
 雪川に震える奴の焚き炭。まだ温かい
 剣峰を這う奴の爪跡。滲んだ血は乾いていない

自分探しは自分の影を殺すため

 輪郭線まで追い詰めて、
 その起源を探る思い上がりを、
 その無限に白ける怠け心を、

撃ち尽くす

spartoi-min
ローロー:2015/12/12
魂混めるもの ▼

いついつ出会う?
自我の尊顔

初めて書物に触れたときか
しじまの風吹く別れのときか

鏡を持たずに産まれた我ら
いつか会いたい自我の尊貌
落ち葉を踏んで
マズルを撫でて
出会い頭の会釈無く
弾でひび割れ描きたい

あちらの冬か こちらの夜か
狂いの身一つ お前は狩人
内なる神に会った時には
抱かずに撃つより他にない

15_barbatos-min
竜胆ヒマワリ:2015/12/13
背徳LIVE ▼

白夜の影に疲れ果てて身を隠す
血走った目だけは冴え
永遠につづく崖の向こうを見つめている

奴に追いつける自信こそが思い上がりだったかと疑い
奴を追った年月こそが無駄だったかと疑い
ギュッと目を瞑る

ふと、
誰かに追われている感覚

…!
そうか、そうか、そうだったのか
銃口を咥え狙いを宿命(さだめ)る
…!

頬を貫き
弾丸が命中したのは
狩人を背後から照らす謎の光
宙に浮かぶ立体の穴

  崩れ堕ちる全ての秩序
  変容する意識
  収束する生活

狩人と影は
一個の鈍色の弾丸として統一される

barbatos-sasie-min

人馬巫女・ガミジン

07_gamigin-min
ガミジン/Gamigin
サミジナ/Samigina

馬かロバあるいは小鳥の姿。または緋色の衣を纏う長髪の女性。しゃがれ声で学問の話をします。降霊術はソロモン72の悪魔の中でもNo1で、特に海で死んだ人の魂を呼ぶのが得意とし、死者と夢の中で合わせてくれます。ソロモン72柱中、最もお人好しで魔法使いに人気の悪魔。どんな質問にも明確に答え、仕事が終わるまでは帰りません。人文学を得意とし、苦闘・労働・建築・貧困を担当します。【wiki】

gamigin-big

07_gamigin-min
ローロー:2015/10/09
ライブ 亜ライブ ▼

健康な死 病んだ生
アスファルトは大地の息止め
吹き行く風には何かの吸い殻

健康な死 病んだ生
ゲリラな雨音 星の情緒さ
人の手にゃ余るアトムの炎

健康な死 病んだ生
今日も誰かが嘆いて消えたと
呟く世間は群れなし謳歌
この世は生きてる物のもの?
強い誰かの夢叶う
それしか僕らの目には入らぬ

zombie-min
腐ったシニン(管理人):2015/10/09
デッド・エンド・ア・ライブ ▼

星霊の重さを可視化するモノ
ゴルフ場の細菌から2億人を救うモノ
アトムの火を手に入れながら全滅を免れるモノ
全人類・全動物・全物質の奪い合いを長く長く保てるモノ

我らもなかなかヨノナカの調和を保ったといえないか。
ガミジン、我らを守護せよ、見捨ててくれるな。
宇宙の果てと中心まで、我ら盲(めしい)を導いて、
全時・全空・全因果!アクセスできる権限を!

それこそ『魂の不死』そのもの
我ら腐った死人ですら望むもの

ガミジン、我らの呪いを・・・
     我らの報いを・・・
     我らの・・・・・・

07_gamigin-min
ローロー:2015/10/09
LIVE 荒EVE~反転してEVIL~ ▼

 歴史から学ばない限り、一皮剥けない人の世だもの

 死者がたなびく包帯を引き摺りながら
 猿の子同然の赤ん坊に未来の幻想を託しながら

 健康な死 病んだ生
 混沌の平和 秩序の戦
 濁った純白 漆黒の輝き
 陰中の陽 陽中の陰

(ここで一旦 瞼を開く)

 未開に埋もれし名のなきあなた
 歴史が残さぬあなたのその名
 真摯な願いが毒素を孕み
 呪いと変わった季節の理不尽
 ワラワラワラと群がり 立って
 バタバタバタと散らばり 眠れ

 人の純然たる生き方は ウィルス的とも言えるね

ghost-min
震えるユーレー(管理人):2015/10/12
あらぶるブルブル あらゆるユルユル ▼

スターリンは2万の蔵書を読みながら、
家族を見殺し、同志を粛清し、若者を攻防させ、農民を餓死させた。
しかしいまなおロシアン・スターだ。
欧米でも反戦シネマが量産されるが
難民も自爆霊もまた生まれ続け、冷たい河を渡らざるえない。

学んでも捻じ曲げ行動する。
学んでも洗脳され行動する。

学ぶことより考えること?
人類の歴史・道徳・信条の根から
いったん自分を断ち切ること?
歴史の途中で生まれたが
最初から考え組み立てること?

自分の心意を探索し
世界の神意を憶測する。
臆(おく)すれば則(すなわ)ち屢々(しばしば)、中(あた)る。

07_gamigin-min
ローロー:2015/10/12
君たちが 為すは危険な ことばかり
この期に及んで 何を謳える ▼

 自らの属する村、町、国家の現在を特別視してはならない。
 それらには由来があり、流された血があり、
 先人の教えがあり、自己の誇りがある。
 だからこそである。

(現在を生きることは危険なこと)

 忌まわしさを拭えない 大きな歴史を横たえて
 毎秒ごとに咲いていくピエタ

 新しい体制を希求して
 素敵な娑場を描いてみても
 人の手による姿であれば
 必ず未来で誰かが壊す

 過ぎ去ったものを編纂し
 現在に則して考え
 これからについて思い馳せる……なぜそれに胸を張れる?

 膨大な喪失の記録を思い起こせる君らが
 自分たちの社会を誇ることは矛盾に満ちている

skeleton-min
ホネロック(管理人):2015/10/13
2001年猿の旅 ▼

我ら詩せる死人の会は
人類の過去・原罪・未来を守護する。

罪を犯さぬほどは高等ではなく
罪が問われぬほど下等でもない。

よって守護する。

この世の全智が 母国に全てあるわけではないように
この世の全能が 母星に全てあるわけではない。

機械の身体になっても
培養された頭脳でも
出力されたハートでも
人間とは呼べなくなっても

未来栄光、冥王を越えて億の億倍
神速迅雷、銀河を越えて奥の奥まで

我ら詩せる死人の会は
人類の過去・原罪・未来を救世する者を待ち続ける。

讃える歌もない教会の頂きで
思い出も枯れたダムの底で、
砕けた誇りと骨が敷き詰められた路の傍らで

我ら詩せる死人の会は
人類の過去・原罪・未来を救世する者を待ち続ける。

我が頭蓋の上、星散りばめたる空を眺めながら
我が頭蓋の内、道徳律を探りながら

祈る
祈る
祈る