チェンジングマン

野生児とヲタク

野生児とハカセ


探求者:2016/12/08
歴史 ▼

歴史を学ぶことは不思議だ
ヤマトタケルの横を歩き
蘇我入鹿の首を眺め
大仏開眼に涙を流す

鎧武者と馬に乗り
坊主とともに経を読む

紅毛人と海を征き
千利休と茶を飲む

事実だとは限らない
ただただ楽しいひと時

私はこれからも学んでゆこう
彼らとともに



ローロー:2016/12/08
過ぎたこと ▼

血で血を洗え ヒストリエ
知で知を洗え ヒストリエ

近代?中世?紀元前?

遡る ごとに濃くなる血の匂い
産声上げては溶けてゆく
無名の血文字の卒塔婆を振るい
思い馳せるは過ぎたこと

近代?中世?紀元前?

紐解く度に思うのは
我ら皆 昨日生まれた命かも
毎夜絶滅し
毎朝生まれる命かも

その度外視な疑いを抱いて
更に紐解く過ぎたこと



竜胆ヒマワリ:2016/12/09
♪タイムトラベルは楽し ▼

五才の息子と手をつなぎ
夕日の土手をウフフと歩く

フイに
五才の僕を思い出し
三十路の父を見上げてる
左手も
三十路の息子とつながって
夕日の土手を吊られて歩く

僕らの脳は
過去と未来を重ねて演じ
ある(=1)とない(=0)とを重ねて処理する
量子コンピューターVR

 

男/Man

修羅街挽歌

糞尿と塩素の匂いが垂れ下がる小路。
朽ちた偶像にステンドグラスの光。
毒ネズミの赤い眼光の列。
僕らの街の冷えきった喉元。

酢になったワインだらけの貯蔵庫。
黒ずんだ紙束がビルから投げ捨てられ、
カラスの群れが燃えながら飛ぶ。
僕らの街の底なしの胃袋。

母と妹が焼かれた街、
息子同士が撃ち逢った墓所。
日課を漁るゴーストドッグ。
僕らの街の曲がりくねったハラワタ。

外へと続く暗く長い回廊。
頼る光も影もとうに絶え、風の音もすでに尽きた。

暗く永い回廊。
暗く永い回廊。
回廊。
回廊。
回廊。
回廊。
帰ろうか?(帰れるの?)
進もうか?(進めるの?)
はぐれた仲間の声だけにまどろむ

竜胆ヒマワリ


名もなき者よ:2016/10/15
秋の修羅 

愚か者よと人は言う
愚鈍で頑固でピンボケで
哀しむ心も持ちやしない
ならば私は鋼となろう

剣を通さず
決して折れず
押しても動かず
引いても動かず
人がどんなに叩いても
痣すらできず
血など流さず
全てを忘れて
鋼となろう。



竜胆ヒマワリ:2016/10/17
オリ春コン  

我らノームの長老は
思考回路が開くたび
おでこのヒンディ固くなる

終いにゃ生きた結晶柱さ
自分の脳が動きつつ
自分の体が動きつつ
自分自身はどこかに消える

さぁ見やれ
この星とりまく
オリハルコンの氷柱の群れを
あれこそノームの限界天
試行海路の道標

さぁ見やれ
地に這いつくばった修羅の群れども
限界点は見定まり
あがくイトマも
わめくイトマも
とうに昔に尽き果てた

これから降るのは
砕けて尖った遺跡の残骸
地に潜り固くなっても
空を見すえて避け続けても
生き残るすべは蜘蛛の糸のみ…

少年

少年/Boy

mystar-min

裸でわたしは母の胎をでた。裸でわたしはかしこに帰ろう。
ヨブ記1章21節

本当の魔法とは時間が流れることだ。
『刑務所のリタ・ヘイワース』S・キング

カエル魂を忘れるな

風呼びの踊り子

誰が風を見たでせう
僕もあなたも見やしない
けれど木の葉をふるわせて
風は通り抜けてゆく
『風』西条八十/クリスチナ ロッセティ

風は思いのままに吹く。
あなたはその音を聞くが、
それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。
すベて霊から生まれる人もそのようである。
ヨハネ福音書三章八節


浅皿小僧:2009/09/09
世界で一番強い人 

世界で一番強い人とは、器のような人だと思う。
全ての思いを表に出さず、自分の中で終わらせる人。
嫌な事でも表に出さず、嬉しい時も一人で笑い。
思いを他人に零す事無く、全て自分に注ぎ切れる人。
全ての事を受け入れられる。
その人はとても強い人。



ブラフマン:2009/09/16
あいまみえる 

山で悟った豪玉仏陀。
挑戦のため里に出る。
俗世に塗(まみ)れてアレが成せるか?
カーストの中でソレが通るか?

心を色に変え弟子にぶつけ、
技を無に化えバラモンをかわし、
体を空に還え衆生に広がる。

そして2500年と3500マイル 私の寝耳に注がれる。
天下無双、汁を飲み干し、器も振る舞え。

少年2



くるり:ピアノガール

芸術家っぽい少年/boy

 


ローロー :2016/01/13

現在の日 ▼

僕の友もどこかで 歯を食いしばっているだろう
この夜も眠れば 明日を連れてくるだろう

いなくなった素敵な人
嘆いていた憧れの人
手紙を今日も待ってる
綺麗な手に黒い手さげ 

こんな夜に葡萄酒なんて飲んでる
友は耐えているのに
友は泣いているのに
そんなことは知らないのに
僕の明日のために
僕だけの明日のために
もう少しで見えてくる酩酊の丘へ
また一人で歩いていくの


竜胆ヒマワリ:2016/01/14

息災の人 ▼

みんなでいることの病の中で
ふたりでいることの病の中で
ひとりでいることの病の中で

君の心は鏡の如し
光をバトンし
遠くを照らす


ローロー :2016/01/14

冬を抱く ▼

この心臓は もう僕だけのものではない
この意識は もう僕だけのものではない
我れが我れがと息巻いた 
夏の呼吸は白く霧散し
他者を他者をと視線を薙いだ
秋の光に瞼を閉じて

ただ共にある 冬がはじまる
ただ共にある 蹄と白い息


竜胆ヒマワリ:2016/01/15

ヒトの間 ▼

互(たが)いの仮我見で光を移して
人を助ける人助け

違(たが)いの仮我見で影を写して
人のフリ見て人のフリ

ああ、我ら役者は影法師 
お気に召さずば 
一夜の夢を見たと思ってお許しを 

それでは、おやすみなさいまし
皆様、お手をハイジャク
シャドウがお礼を申します

 

mirror-min

少女ガール

少女/Girlyunfa-min



eri-min

 

 


SHU:2010/02/16

無題 ▼

学校とは
何か新しいことをしようとする人間を
減らすための場所


竜胆ヒマワリ:2010/02/18

RE:無題 ▼

格好とは
何かアナタらしいショーをする人生を
照らすためのパッション


宴結び:2010/02/20

RE:無題 ▼

仲人は
間が愛らしいことを証とする因縁を
廻らす影ぞ。左様である。