カテゴリー: ヨーロッパ

蝿の王ベルゼブブ

蝿の王ベルゼブブ/Beelzebub

新約聖書『マタイ福音書』と旧約聖書『列王記』に登場する糞山の王。ペリシテ人(芸術に関心のない民)が信仰するのバアル・ゼブル(天候神バアルの別名)から。

中世以降の魔術本グリモワールの流行から、地獄の帝王サタンに次ぐ者、ルシファーの片腕など魔界の副王イメージが定着する。【wiki】

ブリテンの赤竜 VS ザクソンの白竜

ブリテンの大地を守る赤竜/Y Ddraig Goch

ウェールズの国旗に描かれる赤い竜。ブリテン人のヴォーティガン王が治める五世紀のイギリス。王は雇ったサクソン人の傭兵に裏切られ、撤退先に築いた砦も地盤沈下で傾くという運の無さ。砦建設成功のため「父のない子マーリン」を生贄に捧げようとしたとき、マリーンは砦の下に眠る二匹の龍のヴィジョンを見る。【wiki】

ザクソンの白竜/Saxon white dragon

アングロ・サクソン人を象徴する白い竜。マリーンの幻視では「赤い竜はブリトン人、白い竜はサクソン人。この二匹の龍の戦いはコーンウォールの猪が現れて白い竜を踏みつぶすまで終わりません。」この予言も当たる。【wiki】

大魔法使いマリーン/Merlin

夢魔と高貴な女性の間に生まれた孤児。アーサー王に助言する大魔法使いとなる。【wiki】

アーサー王を象徴する猪/Boar

コーンウォールの猪ことアーサー王。アーサーは熊や竜を象徴とする伝説の王だが、今回の幻視のなかでは猪。

聖女マルタ&亀獅子タラスク


聖女マルタ/St.Martha

キリストと仲良し一家の姉。

【弟ラザロ】死んでいましたがキリストが蘇生させます。この「死者を生き返らせる」行為から、キリストはユダヤの司祭たちに目をつけられ。磔になったという説があります。
【妹マリア】旧約聖書ではよくある女性の名前。キリストの話に夢中。
【姉マルタ】キリストの話に夢中の妹に「少しは家事を手伝いなさい。」と小言を言います。キリスト教では妹マリアの宗教に没頭する態度を推奨する派閥が強いですが、姉マルタの生活を大事にする態度も大事にする派閥もあります。

キリストの死後、マルタは聖母マリアと一緒に小舟に乗せられて地中海に流されます。フランスのローヌ川に辿り着き、そこのネルルク(黒い森)で子供を食べるタラスクと出会います。松明・聖水・帯を使って飼い慣らしますが、子供を食われ怒りが収まらない民衆によってタラスクは投石によって殺されます。【wiki】

松明・聖水・帯は三種の神器のようです。ガルグイユ、聖ジョージの竜、ペスハなど竜退治に度々登場します。


亀獅子タラスク/Tarasque

海竜リヴァイアサンと魔牛ボナコンとの間に生まれた亀獅子。6本の足が生え、棘の付いた甲羅を背負っています。毒息と灼熱の糞を撒き散らし、子供を食べます。聖女マルタとの戦いは祭りとして現在でも残っています。【wiki】

この祭りは、19世紀に流行した小説『タルタラン・ド・タラスコンの冒険』の鉄砲撃ちの主人公が加わり銃をドンドン撃つ祭りになったようです。それが発展して、現在では戦車に美女を乗せて街を練り歩く祭りになっています。この聖マルタが帯で縛った亀竜を連れ帰るイメージと戦車に乗る美女のイメージが重なるのが面白い。

泉竜クエレブレと水妖シャナ


泉竜クエレブレ/Cuelebre

スペインの山奥の泉に住む有翼の蛇。硬い鱗を持ち、毒の息を吐きます。大食いでドンドン成長するため小さな泉や山に住めなくなり、最後にはさらってきたシャナと共に海に消えます。【wiki】

水妖シャナ/Xana

クエレブレに惚れられた金髪の乙女。人間から水妖になってしまいます。

蛇の女王エグレ


Eglė žalčių karalienė

蛇の女王エグレ
Egle the Queen of Serpents

◉ リトアニアの民話・異類婚姻譚
◉ 龍宮城や羽衣伝説に似ている。円環伝承/蛇婿のバリエーション

海底に住む鍛冶蛇王と結婚した美女。水浴びをしていたエグレに一目惚れした蛇王は、彼女の服の上にとぐろを巻いて求婚します。蛇王との結婚を承諾しない一族と揉めつつも結婚。次第に蛇王を愛し始めたエグレは4人の子を生み、海底の宮殿で幸せに暮らします。

しかし、悲劇は起こります。エグレが子供たちと里帰りすると、海底宮殿に返したくないエグレの一族は蛇王をだまし討ちで殺してしまいます。悲しんだエグレはトウヒの木(リトアニア語でエグレ)に変わってしました。【wiki】