聖女マルタ&亀獅子タラスク

聖女マルタ
St.Martha

キリストと仲良し一家の姉。

【弟ラザロ】死んでいましたがキリストが蘇生させます。ここからキリストはユダヤの司祭たちに目をつけられます。
【妹マリア】旧約聖書ではよくある女性の名前。キリストの話に夢中。
【姉マルタ】キリストの話に夢中の妹に「少しは家事を手伝いなさい。」と小言を言います。キリスト教では妹マリアの態度が推奨する派閥が強いですが、姉マルタも立派派もいます。

キリストの死後、マルタは聖母マリアなどと一緒に小舟に乗せられて地中海に流されます。そしてフランスに辿り着き、ローヌ川を遡りネルルク(黒い森)で子供を食べるタラスクと出会います。松明・聖水・帯を使って飼い慣らしますが、怒りが収まらない町民によってタラスクは投石によって殺されます。【wiki】

亀獅子タラスク
Tarasque

海竜リヴァイアサンと魔牛ボナコンとの間に生まれた亀獅子。6本の足が生え、棘の付いた甲羅を背負っています。毒息と灼熱の糞を撒き散らし、子供を食べます。聖女マルタとの戦いは祭りとして現在でも残っています。この祭りは、19世紀に流行した小説『タルタラン・ド・タラスコンの冒険』の主人公が加わり、現在では戦車に美女を乗せて街を練り歩く祭りになっています。【wiki】

【youtube/タラスク祭り】Les fêtes de la Tarasque à Tarascon

泉竜クエレブレと水妖シャナ

泉竜クエレブレ
Cuelebre

◉ スペインの民話【wiki】

山奥の泉に住む有翼の蛇。硬い鱗を持ち、毒の息を吐きます。大食いでドンドン成長し、小さな泉や山では住めなくなってしまいますが、最後には海にシャナと共に消えます。

水妖シャナ
Xana

クエレブレから惚れられた金髪の乙女。人間から水妖になってしまいます。

蛇の女王エグレ

蛇の女王エグレ
Egle the Queen of Serpents

◉ リトアニアの民話・異類婚姻譚

海底に住む鍛冶蛇王と結婚した女性の物語。水浴びをしていたエグレに一目惚れした蛇王は、彼女の服の上にとぐろを巻いて求婚します。蛇王との結婚を承諾しない一族とイザコザがありつつも結婚。次第に蛇王を愛し始めたエグレは4人の子を生み、改定の宮殿で幸せに暮らします。しかし、悲劇は起こります。エグレが子供たちと里帰りすると、海底宮殿に返したくない父一族は蛇王をだまし討して殺してしまいます。悲しんだエグレはトウヒの木(リトアニア語でエグレ)に変わってしましたとさ。【wiki】

◉ オペラ/Eglė žalčių karalienė  【youtube】

◉ 龍宮城や羽衣伝説に似ている。円環伝承/蛇婿のバリエーション

聖マルガリータと悪竜ルフィン

聖処女マルガリータ
St Margarita

◉黄金伝説/レゲンダ・アウレア【wiki】・大致命者【wiki】

◉アンティオキア(現在のトルコ共和国・アンタルヤ近郊)

キルスト教改宗を迫られ拷問のすえに首をはねられた乙女。処刑直前に「女たちのお産を軽くしてください。」と神に祈り、以後安産の神として信仰されます。真っ二つに裂けた龍から出てくる乙女として描かれます。まどか・マギカっぽい?【wiki】【wiki】

悪竜ルフィン
Rphin

拷問の合間にマルガリータを襲った竜。マルガリータを飲み込みますが、直後に十字架の力で破裂させられます。キリスト教のヨブ記やアフリカのキリム神話。日本の一寸法師のように「化物に飲み込まれて脱出すると立派になる」に似たパターンのようです。

詳しいエピソード/広島工業大学/電子情報工学科/酒見研究室
http://www.ec.it-hiroshima.ac.jp/sakemi/Auchin/Mergrete.htm

妖精・ウッドエルフ

森の妖精
ウッド・エルフ
Wood Elf

◉ ヨーロッパの民間伝承・ゲルマン

バッカナールの世界では身長120cmほどで森の中を素早く三次元移動し、植物性の毒矢や茨製のトラップゴーレムを操る種族。ハイ・エルフやダーク・エルフに比べると陽気で呑気でいたずら好き。

20世紀以降の日本人が想像するエルフは、指輪物語やウィザードリィなどに登場する痩身美麗な高貴な種族です。起源であるゲルマン神話でも人間と同じ大きさの神族として登場するらしいのですが、民話に登場するフェアリーとのエルフは誤訳なのか、数cmで羽が生えている者もいるようです。【wiki】

ローロー:2016/03/30
インザ ダーク ▼

薄暗い苔の中で 独り回る踊り子
拒絶する岩の上で 独り回る踊り子

人の挫折や希望に沿わせ
僅かな反射に視界を求め
独り踊り子奏でる静か
寄るもの皆そう日陰者

蛍光の虫が飛び交う最中
苔むした瞼 開き見つめる踊り子
厳かに憂い潤い 濡れた眼で見るだけのそれ

そのための踊り子
恵まれた踊り子
今結ばれた 
君だけの舞台

竜胆ヒマワリ:2016/04/04
インセプション ▼

宙を舞う独楽の連団が
星の外周に輪を成している
太古から続く縞模様の空

やがて隣りの独楽に弾かれて
あるいは慣性を使い果たして
流星となり地に降りはじめる

ひとつは空に焼かれて消え失せた
ひとつは凍った海に身投げした
ひとつは星に生命を芽吹かせ
ひとつは火と鉄の素となる

インスピレーションは無限に浮かぶが
地に足着いても踊る子は少ない
新しい舞台に出鼻を挫かれ
新しい夢に先を越されて

しかし忘れられない記憶がある
極小の摩擦と重力のなか
ひとりで
みんなで
楽しく踊れた経験が

インセプション
新しい季節だ