中国神話

応竜

鷹竜/YINGLONG

中国の南の果て恭丘山に住む風雷を操る神竜。火竜族の女媧と戦いましたが破れて服従します。その後、農武神蚩尤とも戦い勝利します。

泥水で育った蝮(まむし)は五百年にして蛟(みづち)となり、
蛟は千年にして竜(りゅう)となり、
竜は五百年にして角竜(かくりゅう)となり、
角竜は千年にして応竜(おうりゅう)となり、
年老いた応竜は黄竜(こうりゅう)と呼ばれる。

中国の長い歴史でも応竜は一個体しか出現していないようです。竜といえども三千年生きるのは並大抵のことではないのでしょう。


竜胆ヒマワリ:2017/02/05
世界の片隅で君の名を叫んだゴジラ 

 引き継がれたセーブデータは
 レベルMAXのRPGと画面いっぱいのバグズシティー。
 母国語さえもバベルのごとく散り散りにされ
 親の言葉も教師の言葉も ミットに届きさえしない。

「なにゆえ もがき いきるのか?」

 今日も勇者の里を焼く。
 戦士は兵士に造り替え、
 大魔導師には手品師のレッテル。
 業界は教会を乗っ取り済みだ。
 地は固く、火は遠く、風は遮られ、水だけがイヤに清らか。
 そして今日も、隠し部屋の伝説の剣をキラキラ磨き、
 私を屠る伝説の勇者の名を想う。

「もはやせかいはすくえまい!
 わがはかいのかみよ!ここにいけにえをささぐ!」

 フイに思い出す最初に旅した勇者の名前は『〇〇〇〇』
 この世界に継承され続ける歪みを
 ヒトリクエスト・ヒトツクエスト。
 死んでいるなら情けない。
 生きているなら仲間になるぜ。

「せかいのはんぶんを おまえにやろう」

 引き継がせるセーブデータは
 レベルMAXのRPGと画面いっぱいのバグズシティー。
 母国語をリドルのごとく並べ替え
 子の言葉と生徒の言葉を 右に左に黙々と拾う。



ローロー:2017/02/06
そこで拾ったプロローグ 

梟が見ている夜
赤い目をした闇に向かって
リュート携え詩人が語る

世の終と始まりの起きる山
大地の傷口に巣くうあるじの詩

背骨を貫くクンダリニの光
翼に提げた亡者の頭
蛮勇に燃えた若さを思い
行くな君よ 行くな君よと

幻獣・獏


獏・貘/バク

◉『本草綱目(中国の薬の本)』

体はクマ、鼻はゾウ、目はサイ、尾はウシ、脚はトラという中国の幻獣。この毛皮で寝ると瘴気を防げるとされ、これが変化して日本では悪夢を食べる獣となりました。【wiki】

baku-big

 


ローロー:2010/02/05

朝の怖さよ 夜の長さよ ▼

誠の救いを求むるならば 寒い夜風の中を行け

自由欲しさに逃げ出せば 自由の意味に慄いて
出会い欲しさに歩けども 同じ道しか歩けずに
雑踏 行き交うよろずの眼 誰がお前を傷つけた
ここではない ここではないと創り出すのは脆きの庭か

新しい血 新しい流れ 目覚めるためのその眠り
なんだか妙に長い眠りよ 見たい夢を見るためか

ずうずうしさが欲しい お前はずうずうしさで出来ている


空ろ覚え(管理人):2010/02/05

夢とは一体 ▼

【モノとコトとが潜り込む夜】
 女を抱いて空を飛び
 男を殺して橋を超え
 天の神火を盗み出し
 奇妙な裁判やり過ごす
 八面六臂の大活躍に
 腹が鳴っては舌が冴え
 さえずり望んで耳が立つ

【モノとコトとが立ち顕われる朝】
 先ほどまでの夢仕事
 砂のように手から零れて
 余韻さえも溶けかかる
 必死に握った手触りに 
 昨日の謎の応えが在り
 今日の謎の問いが在り
 明日の謎の兆しが在る

 夢は
 ついに目を得て足を得て
 一面二臂の見聞録
 五臓六腑の焦燥感
 腹を拵え喉を潤せ


ローロー:2010/02/07

ノーライフ ノードリーム ▼

これ見よがしに泣いて見せたり
その誘惑に甘えてみたり
追ってすがれば 願いは叶い
逃げた先には 出会いがあるか

甘い 甘いよ 甘すぎる
不定形なお前の願いは
現実界にゃねじ込めぬ

日々の思いも更新されて  残った粘りに願掛けしても
お前の中での波紋に過ぎず 時さえ過ぎれば静かなものよ

更に! 更に悲しいことに
お前の水面を指で突くのは お前一人だけじゃあないか!
痩せた音叉を隠し持って  ただただ待ってるレゾナンス!

感性の原液に肩まで漬かり ぬるくなっても鼻歌唄い
いつかはそれも霧散の彼方 凍えていても気づかんフリか

それらを否定した先に   夢は笑ってくれるんだろか


BEAK(管理人):2010/02/08

夢を食い夢に食われるその連鎖
お天道様にも留められない ▼

 形無きモノもいずれは固まり
 形在るモノもいずれは溶ける
 その細く長い通り鍋
 朝の夢はすでに揮発し
 まだ冒険は宝に変わらず
 孤独は孤独そのものに出会い
 高く積まれた言葉は荷崩れ
 意味は解釈が染み込まない

 そのスープの旨いこと
 この星にイノチとヒトを栄えさせ
 露(つゆ)に等しい我をまだ消さずにいる

「その甘さ!」

 朝日に解(ほど)けたはずの夢が
 ソコに溜まって、また啜(すす)られている

 そして今日も
 夜の帳(とばり)が目を醒まし
 昼の焦りが夢焦がす
 泣いて笑って
 食って食われるその堕落
 酸いも甘いも
 飲んで飲まれるその悦楽

雪男イエティ

雪男イエティ/Yeti

中国や北米を始めとした世界各地の雪山で目撃される大きな二足歩行のUMA。熊説、ギガントピテクス(猿人)説、毛皮を着た猟師説などがありますす。バッカナールでの雪男は氷と宝石でつくられた天体観測器を使って星の運命を見定める賢者集団であり、マンモスに荷を乗せ、巨大な白狼と巨大な弓で狩りをする狩人集団でもあります。【wiki】

yeti-big

北極星神妙見菩薩


妙見菩薩/みょうけんぼさつ

◉ バビロニア神話・インド神話・仏教・道教

北辰(ほくしん)妙見菩薩とも呼ばれる星を神格化した菩薩。甲冑を身に着け玄武に乗っています。菩薩とは「悟りを求める者」で、天部とは「仏教の守護者(バラモン教など他の宗教から編入された神)」です。妙見菩薩は、菩薩と呼ばれていますが、天部に分類されています。【wiki】