ゴルゴン三姉妹

gorgon_sthenno-min
長女ステンノー
Sthenno

◉ゴルゴン三姉妹/Gorgon

◉ステンノー=強い女【wiki】

ゴルゴンはギリシャ先住民ぺラスゴイ人にとっての大地母神(子育てを終えた大地母神。鬼女の側面。冬)らしい。蛇の髪、イノシシの歯。黄金の翼、青銅の爪を持つ山乳母。様々なイメージを内包しヨーロッパの人々に長く愛された。大地母神→山姥→ドラゴンを繋ぐ重要な魔物だ。

gorgon_euryale-min
次女エウリュアレー
Euryale

◉エウリュアレー=遠く飛翔する女【wiki】

ギリシャ神話に限らず、1つの神格の状態変化を3柱の神がになうパターンが数多くあります。【三相女神】ひとつの歯とひとつの目を三人で共有する老婆三姉妹グライアイなど。

gorgon_medousa-min
三女メデューサ
Medousa

◉メデューサ=女王【wiki】

◉ ぺラスゴイ神話→ギリシャ神話

ギリシャ神話でのメデューサはポセイドンの愛人であり、アテネ神殿でイチャついた報復として石化の邪眼を持つ蛇髪の怪物に変身させられました。その後、女神アテネの助言を得た英雄ペルセウスに首をはねられ、その血からは飛翔馬ペガサス、剣士クリュサオル、蛇王バジリスクが生まれたとされます。また医神アスクレピオスの死者を蘇らせる秘薬もメデューサの血といわれており、その首もアテネの胸当て(または楯)に貼付けられアイギスの胸当て(イージスの楯)として利用されます。

gorgon_medousa-min
ゲヘナ:2016/01/22
フィギュア ▼

石にした。優しい貴方を。

athína-min
竜胆ヒマワリ:2016/01/25
ボクと契約して魔女になってよ! ▼

荒野に並べたコレクション
その列が螺旋を描いて
一重二重と広がるたびに
彼女の涙もまた揮発します

心に巣食ったラビリンス
その路が螺旋を描いて
二重一重と狭まるたびに
彼女の血もまた凝固します

甘言・契約・ハカリゴト
魔女と女神の拘束路
呪いと祝いの増殖炉
彼女も己の器と宿命に
そろそろ馴染んだ頃でしょう

結晶となった「メドウサそのもの」を取り出す役目は
運び屋ペルメウスにお任せあれ

sphinx-min
ローロー:2016/01/26
語り部吟う醜女神 ▼

右に同じ 左に同じ
逸れていくのは私だけ

この身に浴びた返り血乾いて
私の名も尚 汝に届け

古書に踊れる魔の因子
咲かぬ仇花 裂けるさ はらわた
光る翼の英雄が 銀のツルギを掲げた朝に
映る最期の醜貌は ヲトメの頃に戻りける

gorgon_medousa-min
ゲヘナ:2016/01/27
ヒュギエイア ▼

石にして。悲しくて。苦しくて。石にして。悲しくて。苦しくて。石にして。石にして。石にして。苦しくて。悲しくて。苦しくて。苦しくて。苦しくて。石にして。石にして。苦しくて。石にして。石にして。石にして。寂しくて。苦しくて。石にして。石にして。石にして。石にして。寂しくて。石にして。石にして。石にして。石にして。石にして。石にして。寂しくて。石にして。石にして。寂しくて。石にして。石にした。石にして。石にして。石にして。
石にして。石にして。石にして。石にした。石にして。石にして。石にして。石にした。石にして。石にした。石にして。石にした。石にして。石にした。石にした。石にして。石にした。石にして。
石にした。石にして。石にした。寂しくて。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。
石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にして。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。
石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。

石に「どうか」した。石に「お願い」した。
石にした「私を」。石に「どうか」した「私を」。

「誰か」石にした。石にして「終わらせて」。

golem_stone-min
ローロー:2016/02/05
石の海 ▼

青い空
白い雲
愛憎辛苦の海岸線
カモメが鳴いて お前も独り
波の音
乾く肌
コバルトブルーの狂った静寂
けして眠らぬお前の前髪

瞳に流れる青い毒
僕のハートは溶かせない

お前を殺すものでなく
お前に殺されぬもの
それさえあれば 眠れたか

アテナイの初代蛇王・ケクロプス

kekrops-min
裁定王
ケクロプス
Kekrops

アテナイがまだ、アッカドと呼ばれていた時代の半人半蛇の王。海神ポセイドンと女神アテネのどちらの守護を得るのか問われた際に、アッカド市民はアテネを選んだため、アッカドはアテネと名前を改めます。【wiki】

kekrops-big

kekrops-min
竜胆ヒマワリ:2016/11/05
禍福はアザナエル縄の事師 ▼

 二人の神に二つの葛籠(つづら)を担がされ
 両手を左右に引き裂かれながら
 汗だくで下る夜の坂道。
 必死でギフトを見定めようと籠の隙間を覗いて見るが…

…私の両目は青いベールに覆われている。

 風になびく幾重のベール。
 良かれと思えば悪しかれ、
 悪しかれと思えば良かれ。
 アテネの始まり。ギリシャの行く末。
 トラップ王か?クリーン党か?

 私の「未来」はベールの死角、死角に回り込み、
 私の「原理」もベールの死角、死角に紛れ込む。

71_stolas-min
ローロー:2016/11/05
豊かな地獄に帰る ▼

黄昏暗中 照らすぼんぼり
甘露の色した 鬼灯提灯

その憂鬱がいくら頭をうなだれさせても
その明かりなしでは辿れぬ帰路
柄の先 吊った ランタン揺れて
心苛む蛍光が一寸先を掻き立てる

歩の先 里の先 国の先
背に負う 葛籠 二律背反
互いを斥する頭痛の種が
明日に駆り立てる核心となるまで
痩せた手で持つ懊悩提灯
寄る虫燃やし 修羅となるまで
帰路をなぞる 帰路を探す
梟の目をしたお前の
視界にそそる 帰路岬

30_balam-min
竜胆ヒマワリ:2016/11/15
しまったワナか!?そりゃワナだわな。 ▼

マスコミ・マスコキ・キレイゴト
オミコシ・ミコシテ・ヨマイゴト
ママゴト・オオゴト・オーマイゴ

世界に響くトランペットの警告音
祀ったGODの影に紛れて
帰り道を見失う
暮れなずむ丘には
蘇った死者の軍勢
行くも御苦楽
戻るも地獄
毎度毎度の迷子未知

目覚めよ!パンツの中の男ども!
叫べ!正しさに埋もれた本音ども!
20XX年のマツリ支度だ

trannp-min

黄金のリンゴの守護竜・ラードーン

ladon-min
ラードーン
Ladon

◉ ギリシャ神話

怪物の母エキドナと嵐の神テュポーンの間に生まれた百の頭を持つ不眠の竜。ヘラクレスの12の試練のうちのひとつ、黄金の林檎を守る。【wiki】

ladon-min
竜胆ヒマワリ:2016/10/18
ゴールデン・アッパーメンの誘惑1 ▼

 今日も英雄は来たらず。
 ガチャに夢中になっているのか?
 スタミナ消費に疲れているのか?
 不眠のラドンも
 夕日に背を向け目を閉じる。

 瞼の裏にはいつもの幻影。
 暗闇の中、振り返る黄金リンゴはシャレコウベ。
 カチカチ鳴る歯から、いつもの口上。

「そりゃそうさ。
 この『黄金』はお前のために遺された『生命』。
 この『リンゴ』はお前のために熟した『知恵』。
 私がお前の"さらなる不死の心臓"になろう。
 世の中のすべての絶品を味わい、
 世の中のすべての絶景を眺めて、
…そして、
 お前の望みが叶ったときは、
 私に心臓を返してもらおう。」

 目を開けるとスッカリ夜。
 しかし奇妙な反射光が目に入る。
!黄金リンゴが自らの力をギラリギラリと放出している!
 思わず光るリンゴを口に隠した。

ladon-min
竜胆ヒマワリ:2016/10/19
ゴールデン・アッパーメンの冒険2 ▼

 たちまちラドンに力がみなぎり、
 たちまち天地の言葉がわかった。
 我こそが英雄だったのだ!
 海に出てレヴィヤタンを屠るのだ!

 初めて泳いだ海の底。
 とっても気持ちが良いもんだ。
 早速発見レヴィヤタン。
 早速突進ラ・ドン・キホーテ。
 吸水流に気づいたときにゃ
 すでに胃の中、カエルすべなし。

 見渡すと、ここは印刷所か?…いや、造幣局か?
 行方知れずの錬金術師が
 七色紙幣を刷っては七色管に流し込んでる。

 ラドン自身も捕らえられエンジンルームに配置済み。
 前後左右の従業員は各地で倒れたはずの数多の悪竜。
 黄金を吸っては紙幣を吐いてを繰り返している。

leviathan-min
竜胆ヒマワリ:2016/10/20
ゴールデン・アッパーメンの回想3 ▼

 リヴァイアサンは各地で洪水起こしては
 溺れた人々背中に乗せた。
 マッチも売ったし、ポンプも売った。
 ドルも買ったし、元も買う。

 やがて海をも飲み干して、
 砂漠を這いずるリヴァイアサン。
 ウロコと化した人々のため、
 イナゴの死体を漁る日々。

 ああ、思い出すは若かりし青春の日々。
 黄金は脈打ちながら増殖し、
 生命は黄金のごとく輝いた。
 いまや命も心もモノに成り果て
 取引される計略の世界。

 やがてイナゴも尽きはじめ。
 ウロコは剥がれ、目も霞む。
 四肢が萎えては、背も軋む。
 腹の虫も金を持ち出し、
 死臭漂う胃腸を掻き分け、
 歯抜けの口から逃げだした。

ladon-min
竜胆ヒマワリ:2016/10/21
ゴールデン・アッパーメンの真実4 ▼

 黄色い塵が立ち込める空は低く薄く、
 地は赤錆びた鉄筋コンクリが層を成す。
 北には分厚い氷河の壁が、
 南にも分厚い氷河の壁が。
 まるでモーセが開いた海のごとしだ。

 ボフンッ!

 背後で鈍い破裂音。
 腐敗ガスが臨界越えて、
 四散するリバタリアンの腐った肉と、
 空に舞う錬金された七色紙幣。

「〜♪絶景かな〜。絶景かな〜。」

 世界の終わりを嗅ぎながら
 思わず鼻から歌が飛びでた。

…その瞬間、黄金リンゴがギラリと輝く。
 ラドンの身体は風船のように膨らみはじめ、

 パン!

 血潮が霧散しコロコロポンポン転がる目玉。
 ラドンの目玉が最後に見たのは、
 リンゴの顔した金色エイリアン。
 2匹の死体を振り返りもせず
 スタスタ歩いてフイッと消えた。
 地平線に走り去ったか?
 それとも宇宙に飛び立ったのか?

 なにはともあれ めでたし、めでたし。

gold_alien-min

アテナイの2代目蛇王・エリクトニオス

erichthonios-min
足萎えの戦車王
エリクトニオス
Erichthonios

鍛冶の神ヘパトイシスの精子から生まれ、処女神アテネに育てられ、後にアテナイの2代目王になります。ヘパトイシスの血のせいか技術に強く、戦車を発明したとされます。【wiki】

man_01-min
ローロー:2015/11/20
見ずとも知れる 傲慢の飢え ▼

18世紀 
ヒトが空に進出する際の最大の懸念が
「天罰による墜落」だった時代

そこから4・5回の世代交代を経て
3次元の踏破を推し進める我らの懸念は縮小され、
遠き地にたどり着けども心が踊らなくなった。

最果てを想い、心は世界のへそを歩き回ったあの頃
今では街の真ん中で 知覚だけが飛んでいく

erichthonios-min
管理人:2015/11/20
手にも快楽を食わせろ ▼

野生動物のなか、
我らの目は色彩を持つが夜目はきかず、
耳も鈍く、鼻にいたっては詰まるがごとく。
舌は効くが、無限欲望に四つん這いで忠誠を誓うだけだ。

信じられるのは肌の汗穴。
体温調節は毛モノより優れ
アフリカでは獲物を疲れ殺す”持久狩り”があったらしい。
それは、人が旅する動物だからだ。

極めつけは手の千差。
土木を研磨し感じる、あのミクロン単位の差異!
なぜこれほど精密なセンサーが我らにあるのか?
それは、人が物つくる動物だからだ。

遊べ!暮らしの憂さを工夫せよ
働け!暮らしの不備を改善せよ

man_01-min
ローロー:2015/11/21
不止の大隊 ▼

律し、操作し、制御する。

天使が教えてくれたテンパランス
悪魔が逆転させて悪夢の技術に化ける

手のひらから溢れた不定形の叡知は
翼を生やして牙を伸ばして 野放図の完熟を迎える
数多の思惑に晒されて、世界を知らずに世界を焼くぞ

俺達は無限の好奇心と 感触に囲まれた素敵な辺獄の児
働き、遊んで交わしあいながら 灼熱のマントルに近づく

それでも西暦は加算され、
まだ見ぬ地平に火花を飾る

azi_dahaka-min
cue:2015/11/22
カインの末裔 ▼

エデンの森を追われた一匹のサル
善き弟を善き弟という理由で殺したからだ
善き人間、善き人間と祈りながら冷たい荒野を耕す

いくつかの乱世を乗り越え
無人の荒野に大きな共同体が生まれた
しかし、そこから零れたサルが
豊かな隣人を豊かな隣人という理由で爆殺する

知恵の目を与えられながら
生命のパイにあぶれたサル
パイは増やしても増やしても溢れるモノはでる
いやもはや、パイそのものを憎んでいる

目を瞑って芽を潰すのか?
その善政そのものが我らの罠

悪鬼・オーク

orc-min
オーク
Orc

冥界王オルクスが使役した死霊、悪魔、地底生物でしたが、『指輪物語』や『D&D』によって豚の顔をした悪の勢力の兵士になりました。知能は低く、戦いを好み、旺盛な繁殖力を持ちます。【wiki】

orc-big

orc-min
管理人:2015/11/14
幸せな動物と幸せな子供と ▼

おおサン、マイ、サン。
ナニを鳴く。
フガフガフガ
ナニ死ぬのが怖いだって?
思い出がなくなっちゃうのが怖いだって?
おおマイサン
思い出は消えてなくなったりなどしない。

食われた奴の思い出は
食った奴の奥底に溜まるのさ。

四季の香りの思い出は
そいつの魂の奥底も 花蜜と大茸の里山にする。

鉄柵と糞尿の思い出は
そいつの魂の奥底も 檻と肥溜めの洞窟にする。

それが奥の手。豚のテへぺロ。

lamia-min
ローロー:2015/11/15
モンスターペアレント ▼

Egg! egg!
育たなかった生臭の開かれなかった思い出を
そのまま飲み込み 私の奥へチャージエナジー

私の中の小さな太陽 
その中の大きなこれからのため

原罪なき命だって
黄色の栄養源と見なしてしまえるこの愚か
御釈迦様でも馴らせはしないわ

憐れむならば罪なき某
我が子の鱗の一輪に生まれ変わって
そのためだけに その御霊
授けられたの よろしくて?

26_crosell-min
cue:2015/11/17
ヘビーローテーション ▼

食べたシャケの分まで泳いで
食べたチキンに続いて鳴いて
食べたポークと共に喰う

忘れてしまったポエムを探せば
水流のなか煌めくウロコ
カエルに変わって還るヘビ