カテゴリー: ユダヤ・キリスト教

聖マルガリータと悪竜ルフィン


大致命者マルガリータ/St Margarita

◉黄金伝説/レゲンダ・アウレア【wiki】・大致命者【wiki】
◉アンティオキア(現在のトルコ共和国・アンタルヤ近郊)

キルスト教改宗を迫られ拷問のすえに首をはねられた乙女。処刑直前に「女たちのお産を軽くしてください。」と神に祈り、以後安産の守護聖人として信仰されます。大致命者として聖人とされていましたが、のちに伝説であることが確定し聖人から外されます。しかし、そのマルガリータ信仰は残り続けます。【wiki】

悪竜ルフィン/Rphin

拷問の合間にマルガリータを襲った竜。マルガリータを飲み込みますが、直後に十字架の力で破裂させられます。絵画では真っ二つに裂けた龍から出てくる乙女として描かれます。キリスト教のヨブ記やアフリカのキリム神話、日本の一寸法師のように「化物に飲み込まれて脱出すると立派になる」に似たパターンのようです。

詳しいエピソード/広島工業大学/電子情報工学科/酒見研究室
http://www.ec.it-hiroshima.ac.jp/sakemi/Auchin/Mergrete.htm

 


ローロー
2017/01/30

ルッキング フォー ▼

回帰願望
日常的風景の中に 無意識に鍵を探す
かつて失った鍵

生まれ変わりたい訳でなく
理解されたい訳でなく
もう一度欲しいだけなのさ
知らずに抜けた綺麗な羽根
この眼を覆ったパノラマの鱗

生き進むほど 脱がされていく
この世が大きなカメレオンに見える
不可視の肌で欺いて
若きを呑み込み 出汁だけ奪って
老兵をひり出すカメレオンの中で

鍵を探す
抜け出すための鍵ではなく
心の下で寂しくしている
ヘソの穴を満たす鍵


浅皿小僧
2017/01/31

人生は素敵か。いや、ステーキだ ▼

子供の頃は、夢見てた。
広い世界を、何にも知らず。
少し育って、世界虹色。
見える物皆、不思議の宝庫。
更に育って、世界鈍色。
鍍金は剥げて、不幸も見えた。
半生時代が高級品。
焼けちまったら、戻れない。


竜胆ヒマワリ
2017/02/02

ジャンキー・チェーンを踏み台にして ▼

 朝、
 処方される紅い錠剤
 すでに見知ったコンテンツ

 夜、
 処方される蒼い錠剤
 真実と反逆のコンテンツ

 夢、
 繰り返し施される
 酩酊と覚醒のオリクサリ
 我らを縛る、この中毒回廊こそ鍵そのもの
 そうだ
 鍵はすでに手のひらの中

 紅い錠剤を細かく砕いて
 半分はトイレの水に流してしまって
 蒼い錠剤を細かく砕いて
 半分は中庭の風に吹かせてしまって
 残った粉を紫にして
 両の鼻から吸い込めば
 色と線とが二重にたわみ
 キタキタ
 カメレオンに空いた肉の裂け目だ

 翼が折れても
 鱗が剥がれても
 内臓を痛めつつ這う
 汚物まみれのケツ穴
 抜け出た先は…

…アオ!
 青い空と。
 自転する星の息吹
…アカ!
 赤いカイト。
 その十分な角度と揚力

 左手前方には月光菩薩
 右手後方には日光菩薩
 眼下に架かった虹をくぐれば
 海と草原と山河のパノラマ
 東方には聖杯を求める騎士の一行
 南方には雨雲を伺うゾウの家族
 そして縄張りを拡大するサルの軍勢

「それより僕と踊りませんか?」
「ダンスはうまく踊れないので」
 獲物を探し
 雌雄を求める
 生き物たちのサバイバル
 運命の潮流が産む無数の大渦

 手を!
…手を!


ローロー
2017/02/02

殻から羅漢 ▼

うつろうなかがり火
踊るな夜明け前の悪い子供たち

泣こうが笑おうが一切は過ぎ去り
召されるまでの走馬灯の中で凝縮され
記憶違いで薄まったスープになり
世の肌に吸われる定めなどとよく言えた

俺たちは更にいたいけに
俺たちはより長く沈黙し

知った気になった風聞の中を 再度裸で歩む
北風と太陽と黄色く濁った黎明の下で
卵の中の卵の中の卵の中で
破裂するまで回帰するヒエラルキーの中で

母の中で 血の中で
ほくそ笑むまで旅をする
光なく音のない
濡れた動脈の繭の中で


ローロー
2017/02/02

忘れる力があり、忘れる技を使う ▼

悩めよ悩めよ 掌のムジナよ
そのけったくそわるい踊り場談義も
明日になれば湿気を失い
無惨に乾き 朝日に駆逐されるぜ

簡単なことでお前の心は変わる
鳥肌ひとつ 涙一滴に至るまで
簡単なことでお前の孤独は埋まる
そもそも孤独ですらないのさ

故郷があり
窓口があり
愚痴をこぼす相手もいる
不特定多数の耳に目に
ぐしゃぐしゃに丸めた恋文を投げ込むことも
お前にはできる
お前には何だって許されてる

後生大事なその枷で
何を飾ったつもりだい

小さな卵の中に 大きな世界を見るのはやめようぜ

蝿王ベルゼブブ

糞山の王ベルゼブブ/Beelzebub

ベルゼバブ。ベルゼブル。聖書にたびたび現れる魔王。中世以降のヨーロパではサタンの片腕として魔界第二位の魔王になります。本来はセム語族系の主神であった天候神バアルのヴァリエーションのひとつだと思われます。【wiki】

大魔王サタン

年を経た蛇サタン/Satan

ユダヤ教とキリスト教での神の敵対者。イスラム教での人間の敵対者。天使長ルシファーが堕天し、地獄の王となったときの名前。【wiki】

【ヨブ記】では神の僕として人間を試す役職名として登場している。

善悪を知る実と誘惑の蛇

善悪を知る実と誘惑の蛇/Eden’s Seapent

エデンの園でアダムとイヴは楽しく暮らしていました。しかし神は「中央に生える『生命の樹』と『知恵の樹』の実だけは食べるな!」と命令します。しかし、エデンに侵入した蛇によってイヴとアダムは「知恵の実」を食べてしまいます。神は激怒し、二人はエデンの園から追放されて荒野を彷徨うことになるのです。

【wiki】知恵の樹エデンの園原罪
幻想動物の事典/グノーシス主義の蛇
バルバロイ/グノーシス/オフィス派
まつたけのブログ/原罪とは何か?知恵の実とは何か?

 


宮﨑駿:風立ちぬ

風が吹いてきた。
さて、生きようか。それとも死のうか。 ▼

知恵のリンゴのことだけど
ホントは「善悪を知る実」と呼んでほしい
アレを食べると とても美しいものが見られるよ
だけど美しいものを見るには
たくさんの人で造られた 巨きなピラミッドがいるよ
美しいものを巡る とても悲しいことや
とても虚しいことも たくさん見なくちゃならないんだ
でも 美しいものは とてもとても美しいんだ



リンゴ喰うかい?

ローロー:2016/11/28

ベヘリット?石仮面?賢者の石? ▼

きれいな目をした修羅がいた
うつくしい形
やわらかな薫り
不浄 屈辱 謗りを浴びて
心はどんどん錆びていき
心はどんどん剥けていく

月が反転する 彼の一言で
輪廻が崩れる 彼の一振りで
「きれいなもの」が見たいから
踏み行く土は 亡骸の塚

母?故郷?力?断末魔?
置いてきた?失った?
それは大きな勘違い

彼らは超越し 駆け抜けたようでいて
命は一所に留まり 世界に置いていかれた
置いていかれることを望んだ

その憎悪、野望が臨界点に達した時
その中の引きこもって二度と出られなくなった

黒い胎児 月に透けて映る
きみのくわえた果実の中にも
向かい合って揺れるその雛型

竜胆ヒマワリ:2016/11/29

元型の世界樹 G&EXの鎮魂歌  聖者の行進 ▼

二人の息子に会いたくて
二人の息子に継がれたリンゴ。

「しかし、この被験群はリンゴの力をリンゴに向けて使い自己中毒を起こしているようです。周囲のあらゆる環境を人間化し、にも関わらず、個々人は悪党にも善人にもなれずにエデンで保育されていたころに戻りたがっています。エネルギーの枯渇を待つまでもありません。どの個体も社会を営む力を徐々に失い、自滅すると思われます。」

ああ、こんなことなら
お前を巣食ってやろうなんてするんじゃなかった!
そろそろ2つめのリンゴの時間だ。
電脳じかけのポイズン・アップル。
二度目の転生。二度目の矢。楽園の向こう。



リンゴ喰うかい?

ローロー:2016/11/30

スフィアクレイドル ▼

宿業の旅 枝分かれ
網羅の止まらぬ 数多の旅路
最近どんどん 先細り
透けて見えるわ 枝の先

ここで大切なのが
分かたれた枝が何処かで交わることがあるのか
それともないのか
全方位に伸び続け 増え続ける林檎の樹が
根を守るように球状の成長を辿り
醜くて強靭な母胎となっていること

私たちはその枝を辿り
別の枝に飛び移ることができない
本当の意味で選べない旅路を
灰になるまで進むしかない

林檎の根をかじる誰かに
きづくことなく

竜胆ヒマワリ:2016/11/30

ヤドリギ/金枝篇

このキなんのキ 木に成る木 ▼

根元は腐り
真芯は朽ち果て
幹のウロも広がるばかり
右往左往する宿り虫

陽を見失った枝先は 虫に編まれて地下を目指す
泉が枯れた根の先も 虫に引かれて地上に顔出す
やがて枝と根とがネットを形成(かたな)せば
幹が完全に朽ちたとしても
世界樹の第二形態
まさにスフィアクレイドル(球のゆりかご)の道も開ける

このゆりかご 軸を失い、天地も無用
荒野を転がるタンブルウィード
地下の泉は衛星となりニズヘグと供に軌道を舞う

このゆりかご 虫どもの棺桶として焼かれるサダメか?
火の鳥に運ばれる金枝(ヤドリギ)なのか?
それは虫には預かり知らぬ



金枝編むかい?

ローロー:2016/12/01
 

宿った種に光あれ ▼

渇きと潤いの片寄り
何よりも気になるところさ

枯渇と潤沢の偏重傾向
他を廃してでも注視すべきか?

それらを左右する要素は
欲の行く先に現れるのではないか
生きとし生けるもの全てが抱く
欲望のベクトルに偏りがあるのではないか

思考なく同じものを欲しがってやしないか?
同じ声だけを拾ってやしないか?
望みにメジャーもマイナーも無いのだぞ?

知恵の実 欲の実 神頼み
この身 去るのみ お前の好み
教えなくてもいい
語らなくてもいい
お前の体で見せてくれ
その身でなぞれ 世界脈

ロー&ロー
低きよ 低きに流れよ
風上に立たず 追い風を受けず
時勢の誘いを蹴って描けよ

お前だけの望み
お前だけの試み
ただ一心不乱の齧歯たれ 辿り着け
お前だけの知恵の実

聖女マルタ&亀獅子タラスク


聖女マルタ/St.Martha

キリストと仲良し一家の姉。

【弟ラザロ】死んでいましたがキリストが蘇生させます。この「死者を生き返らせる」行為から、キリストはユダヤの司祭たちに目をつけられ。磔になったという説があります。
【妹マリア】旧約聖書ではよくある女性の名前。キリストの話に夢中。
【姉マルタ】キリストの話に夢中の妹に「少しは家事を手伝いなさい。」と小言を言います。キリスト教では妹マリアの宗教に没頭する態度を推奨する派閥が強いですが、姉マルタの生活を大事にする態度も大事にする派閥もあります。

キリストの死後、マルタは聖母マリアと一緒に小舟に乗せられて地中海に流されます。フランスのローヌ川に辿り着き、そこのネルルク(黒い森)で子供を食べるタラスクと出会います。松明・聖水・帯を使って飼い慣らしますが、子供を食われ怒りが収まらない民衆によってタラスクは投石によって殺されます。【wiki】

松明・聖水・帯は三種の神器のようです。ガルグイユ、聖ジョージの竜、ペスハなど竜退治に度々登場します。


亀獅子タラスク/Tarasque

海竜リヴァイアサンと魔牛ボナコンとの間に生まれた亀獅子。6本の足が生え、棘の付いた甲羅を背負っています。毒息と灼熱の糞を撒き散らし、子供を食べます。聖女マルタとの戦いは祭りとして現在でも残っています。【wiki】

この祭りは、19世紀に流行した小説『タルタラン・ド・タラスコンの冒険』の鉄砲撃ちの主人公が加わり銃をドンドン撃つ祭りになったようです。それが発展して、現在では戦車に美女を乗せて街を練り歩く祭りになっています。この聖マルタが帯で縛った亀竜を連れ帰るイメージと戦車に乗る美女のイメージが重なるのが面白い。