erichthonios-min
足萎えの戦車王
エリクトニオス
Erichthonios

鍛冶の神ヘパトイシスの精子から生まれ、処女神アテネに育てられ、後にアテナイの2代目王になります。ヘパトイシスの血のせいか技術に強く、戦車を発明したとされます。【wiki】

man_01-min
ローロー:2015/11/20
見ずとも知れる 傲慢の飢え ▼

18世紀 
ヒトが空に進出する際の最大の懸念が
「天罰による墜落」だった時代

そこから4・5回の世代交代を経て
3次元の踏破を推し進める我らの懸念は縮小され、
遠き地にたどり着けども心が踊らなくなった。

最果てを想い、心は世界のへそを歩き回ったあの頃
今では街の真ん中で 知覚だけが飛んでいく

erichthonios-min
管理人:2015/11/20
手にも快楽を食わせろ ▼

野生動物のなか、
我らの目は色彩を持つが夜目はきかず、
耳も鈍く、鼻にいたっては詰まるがごとく。
舌は効くが、無限欲望に四つん這いで忠誠を誓うだけだ。

信じられるのは肌の汗穴。
体温調節は毛モノより優れ
アフリカでは獲物を疲れ殺す”持久狩り”があったらしい。
それは、人が旅する動物だからだ。

極めつけは手の千差。
土木を研磨し感じる、あのミクロン単位の差異!
なぜこれほど精密なセンサーが我らにあるのか?
それは、人が物つくる動物だからだ。

遊べ!暮らしの憂さを工夫せよ
働け!暮らしの不備を改善せよ

man_01-min
ローロー:2015/11/21
不止の大隊 ▼

律し、操作し、制御する。

天使が教えてくれたテンパランス
悪魔が逆転させて悪夢の技術に化ける

手のひらから溢れた不定形の叡知は
翼を生やして牙を伸ばして 野放図の完熟を迎える
数多の思惑に晒されて、世界を知らずに世界を焼くぞ

俺達は無限の好奇心と 感触に囲まれた素敵な辺獄の児
働き、遊んで交わしあいながら 灼熱のマントルに近づく

それでも西暦は加算され、
まだ見ぬ地平に火花を飾る

azi_dahaka-min
cue:2015/11/22
カインの末裔 ▼

エデンの森を追われた一匹のサル
善き弟を善き弟という理由で殺したからだ
善き人間、善き人間と祈りながら冷たい荒野を耕す

いくつかの乱世を乗り越え
無人の荒野に大きな共同体が生まれた
しかし、そこから零れたサルが
豊かな隣人を豊かな隣人という理由で爆殺する

知恵の目を与えられながら
生命のパイにあぶれたサル
パイは増やしても増やしても溢れるモノはでる
いやもはや、パイそのものを憎んでいる

目を瞑って芽を潰すのか?
その善政そのものが我らの罠


One thought on “アテナイの2代目蛇王・エリクトニオス

  1. ▲ ガイアが大地から生まれたエリクトニオスをアテネに渡し、ケクロプスが後見人となる図。

    ▲ アテネはエリクトニオスを籠に入れて、ケクロプスの3人の娘パンドロソス、ヘルセー、アグラウロスに「中を見ないように」と注意して預けた。しかし約束は破られ、3人の娘は非業の死を遂げる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)