gnome-min
ノーム
Gnome

風・火・水・土の4大元素のうち、土を司る地霊。ギリシア語の「ゲノムス(Genomus, 地中に住むもの)」を由来とし、主に三角帽を被った小人の老人として描かれます。ドワーフやコボルトなどの炭鉱妖精の一種であり、鉱石よりは宝石を、実用よりは装飾を好みます。【wiki】gnome-big

バッカナールの世界では、身体を結晶武器化して戦うモンク集団として登場します。ノームの長老は全身が結晶コンピュータと化し、数千年に渡って一族に知恵を与え続けます。

37_sallos-min
サロス:2008/02/10
牢獄 ▼

人はいろんな物に牢獄を抱くそうだ、
たとえば、それはそう
聞こえるもの、聞こえないもの。
感じるもの、感じないもの。
自身、他人、金、権力、愛、有象無象、森羅万象、
そこに人は牢獄を作り上げ、抱かれ、
そして鍵を忘れる。

とある者に数ページの論文を見せてもらった、
そこには『人は婚姻によって幸せにはなれない』と記されていたが、、
つまるところ、人は互いの愛の誓いの名の下に牢獄に繋がれるのだ。
たとえその牢獄から逃げたとしても、そこにあるのは牢にすぎず。

きれた縁は過去への柵となるのだから。
だれも牢獄からは逃げられないのだから。

gnome-min
管理人:2008/02/10
獄楽 ▼

グリーンマイルを駆け巡る白いネズミに
冷えたパンを削り分け
その背中に温めていたプランを結ぶ

鉄格子を脱け出たネズミ
女は冷えたベッドでプランを受け取り
春海の波で心を洗う

この牢獄の八百路図を
自在に巡るそのネズミこそ
万に千切れた神の欠片だ

男よ、真摯なプランを繰り返し放ち
女よ、真摯なプランを繰り返し抱け

golem_flesh-min
ゲヘナ:2008/02/11
百万獄 ▼

牢獄に充ち満ちたこの世界で
牢獄を「牢獄」と感じた者はどれほど居るのだろうか。

牢獄の寒さと冷たさに慣れきった人々は
一体何に「寒さと冷たさ」を感じえるのか。

牢獄を巡るネズミに神を投影するならば
牢獄の神に仇なす「悪魔」は如何なるものか。

私は考える。牢の中で考える。
幾千幾万の牢獄の中で、私は一人考える。

gnome-min
管理人:2008/02/10
♪~何の罪も無いはずなのに~何らかの罰を受けてる 

 看守の目を盗んでは
 まだ見ぬ隣人と刑の長さを自慢しあい
 寝床では罪の由縁を巡る日々

…殺った気はするが…犯ってない気もするが…

 緑の床に横たわる
 囚人の心にも36℃の血潮は送られ
 冷たい部屋を暖める

…その暗い日々に瞬く明かり

 夕日の密林に独り立つ
 看守の目にもニューロンの火は灯り
 その眼光と朝と夜の格子越しに出会う

…溶かすべきは罰の所以

 ♪ youtube 仲井戸麗市『遠い叫び』より

rat_soul-min

man_01-min
名もなき者よ:2016/10/15
秋の修羅 ▼

愚か者よと人は言う
愚鈍で頑固でピンボケで
哀しむ心も持ちやしない
ならば私は鋼となろう
剣を通さず
決して折れず
押しても動かず
引いても動かず
人がどんなに叩いても
痣すらできず
血など流さず
全てを忘れて
鋼となろう

gnome-min
管理人:2016/10/17
オリ春コン ▼

我らノームの長老は
思考回路が開くたび
おでこのヒンディ固くなる
終いにゃ生きた結晶柱さ
自分の脳が動きつつ
自分の体が動きつつ
自分自身はどこかに消える

さぁ見やれ
この星とりまく
オリハルコンの氷柱の群れを
あれこそノームの限界天
試行海路の道標

さぁ見やれ
地に這いつくばった修羅の群れども
限界点は見定まり
あがくイトマも
わめくイトマも
とうに昔に尽き果てた

これから降るのは
砕けて尖った遺跡の残骸
地に潜り固くなっても
空を見すえて避け続けても
生き残るすべは蜘蛛の糸のみ

spider-min


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)