howkman_01-min
ホークマン
Hawk Man

鳥の仮面を被った有翼人。戦闘を誇りとする種族ですが、こちらの射程外である空から弓や槍で攻撃してきます。彼らが天使よりも古い種族なのかはわかりません。

hawkman-big

ophion-min
オピオン(管理人):2010/05/10
夢は現(ウツツ)となり現は夢となる ▼

昼見る夢と夜見る現に比べれば
夜見る夢も昼見る現もたいしたことはないのだ

howkman_01-min
ローロー:2010/06/01
空に飽きるということ ▼

二つの眼球で同時に見ることはできない青空と夜空
活動の時 そこに潜む幻想 願望 危険 現実の切っ先
休息の時 そこに踊る安逸 激務 嘲笑 救済の依り代

それに慣れていく脳 
生活への俯瞰を覚え 同時に飽和するウォーキングマン
生きてることへの疑いさえ忘れ
感じることへの憧れは拙いものへとなっていく

欲しがるは虹色の通り魔 
求めるは歓喜の辻斬り

反転せよ!反転せよ!
結膜に住み着いた空の色
見たことのない色になれ

時にはホームズを見下ろすロンドンの空のように
時にはピエタを見守るゴルゴダの空のように
エンターテイメントなんかじゃない
未曾有の[遭遇]を空は孕んでいるはず
時には部活の後のあの色を もっかい見せてよウラヌス

俺の眼球が飢えている 
俺の眼球が 顔の一部として終わる前に
頼むよウラヌスおねがいさ

daidarabocchi-min
ダイタイぼっち:2010/06/03
視線を共にする仲間 ▼

 サイクロプスの隻眼は
 ピントを合わせることなく
 ビームのように
 彼方に彼方を投射する

 その先に女が射た
 合うはずのないピントが
 鮮烈を突き返す

 彼女の目を通して
 私は私の火花を見
 私の目を通して
 彼女は彼女の火花を見たのだ

 それは一瞬の幻か?
 交差座標に出現した
 両眼の記憶

howkman_01-min
ローロー:2010/06/06
天って何かは知らないけれど
言葉にしたらなんとなく ▼

対象を表と裏から観察するやり方
それは凡庸な視点

とんでもない方向から覗いてみたい
それこそ天の視点

凡庸な視点は誰もが共有する
天の視点は一人一人の個性が関わって開ける

凡庸な視点は客観であり
天の視点は主観が生み出す
主観が時として客観が諦めた景色の中に
鍵穴を見つけるかもしれない

その先に何があるかはケースバイケースだが
願わくばその景色は誰かと共有したい
モノにもココロにも割り振れない
それの名前を誰かと考えたい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)