世界蛇ヨルムンガルド


ヨルムンガルド/Jormungandr
ミドガルズオルム/Midgardsormr

大地の杖。北欧神話の舞台ミドガルズを取り巻く世界蛇。円環蛇。ロキの三匹の子【氷狼フェンリル、大蛇ヨルムンガルド、死の女王ヘル】のひとり。神々の敵。最終決戦ラグナロクでは雷神トールと相打ちになります。【wiki】

jormunganer-big

 


ローロー :2016/11/15

旅する人へ ▼

遠い国 美しい国へ旅立つあなたも美しい
私が息切れする遊歩道に飽きて
未知の世界へ踏み出した

何故に人の望みはこんなにも多様なのか?
小さな安らぎのために暮らせる私もいれば
窮屈を感じて去り行くあなたは誰

他者の邪魔になるのを恐れる私の想いが
突飛に動いても周囲を惹き付けるあなたに届かない

相容れない訳ではなく
始めから沿っていないならば
それに勝る幸いはなく
五感を閉ざせども花を愛でよう

私の目を開き
肌に求めさせたいつかの気付きを
埋めることなく何処かで咲くなら
あなたよ
あなたの旅情が最悪のものであることを願う


竜胆ヒマワリ:2016/11/17

僕らが旅に出る理由 ▼

スレ違った彼女から
手渡しされたのは白い種。
試しに庭に植えたなら
強くてカワイイ芽をだした。
雨がシットリ潤して
庭がホンノリ温めて
いつしか大きな木になった。

招待された彼女の庭には
彼氏と育てた立派な樹。
太くて高い光の樹。
柵に触れることもできないで
星空の下をトボトボ帰る。
傷口は肩から入って脇腹に抜けた。

庭いっぱいに育った幹に
立てかけられた鉄の斧。
今日はとってもヤル気がしない。
木を切るのは明日から。


竜胆ヒマワリ:2016/11/17

上を向いて歩こう ▼

嫌になるほど真夏の青空。
汗だくヤケクソ乱れ切り。
切っても切っても新芽が生えて
終いに庭からはみでる始末。
木を倒すのは明日になりそう。

嫌になるほど暗い曇天。
おっとヤッパリ降ってきた。
吹けよ嵐!轟け雷鳴!
嵐に乗ってハイテンション
木をなぎ倒すのも時間の問題

嫌になるほど晴天の秋空。
葉は美しく紅葉し
落ち葉を焚いては煙に追われ
スッカリ秋に御満悦。
木を切るのは葉が落ちてから。


竜胆ヒマワリ:2016/11/17

光車よ、まわれ! ▼

嫌になるほど底冷えた冬空。
スッカリ乾いた切り株に寝そべり
目を瞑ると始まる毎度毎度の法廷劇。
彼女への弾劾。彼氏への弾劾。自分への弾劾。
彼女への弁護。彼氏への弁護。自分への弁護。
彼女への嘘。彼氏への嘘。自分への嘘。
彼女の正直さ。彼氏の正直さ。自分の正直さ。
グルグル廻り、ぐるぐる巡る。
シンシンと積もる雪も払えず
足も冷え、指も冷え、頭の奥も冴えるに任せる。

今日の審議はイヤに長くてドンドン速い。
まるで闘技場を駆け回る騎馬戦車。
弁護人も検察も、被告も原告も
みな古代ローマの騎士に早替え、
押しては返し、抜きつ抜かれつのスペクタル。

戦車の車輪が限界超えて
コロッセオの底も抜け
現れたるは螺旋階段
一個騎士団が雪崩込む。


竜胆ヒマワリ:2016/11/17

痛みこそ脈打つ知識 ▼

眼下に広がる深く澄んだ巨きな泉。
階段は不意に終わり
宙に投げ出された騎士団が
大きな飛沫を上げた瞬間!
キラキラユラユラ
真珠色した種に変わった。
彼女が手渡した、あの種だ。

目覚めると代わり映えしない我が家の庭。
掲げた右手には日の光と熱。
ポケットには真珠の種。
脳髄には穴の空いたコロッセオ。
横隔膜には不思議な泉。

嫌になるほどの眠い春。
昼寝のあとに種を撒こう。


ローロー :2016/11/15

もっと はなむけを ▼

彼女の旅たちから幾年の歳月
期待を裏切り 予想通りに
あのこは手に入らなくなった
外の世界の逞しい腕に
抱かれてただの女にされて

残された僕の純情はまだ
清らかで醜い芋虫のまま

エアメールの写真の笑顔で
苦しくなくなったのはいつからか

窓辺の花が日を受けている
光の中に現在がある
取り巻く全てが輝いている
彼女の旅情はまだ続いている
俺もかなしみで答えよう

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)