有翼魔狼マルコシアス

マルコシアス/Marchosias

有翼蛇尾で炎を吹く狼。または顎鬚を生やした輝く王冠を被った二刀流の皇子の姿。(この姿の方が強い)一撃離脱・ファイヤブレス・話術を得意とし、自画自賛・自信・快楽を担当します。【wiki】

 


竜胆ヒマワリ:2016/04/06

ホモ・サケル 主権権力と剥き出しの生 ▼

今日、存在は衰弱し、消滅していくなかで、剥き出しの生が露わになっている。

テクノロジー装置の異常肥大が新しい未曾有の奴隷制を産み出すことで終わったとしても、驚くにはあたらない。


ローロー:2016/04/07

一億総員贄の畦道 ▼

持って産まれた皮を剥がされ
小さく小さく生まれ変わっていく

父母に貰った名前も奪われ
意識の座標も軸を失う

温故知新の名を借りた膨大なコピー 
もて余した部屋で増殖するがいい
お前らの太陽となる青い蛍光灯を俺は愛そう
そして忘れるなかれ

坂を落ちていく灰色の末裔たちよ
その血をたどり行き着くのは
山河風雨に弄ばれた生身達の涙だという事を
自らを未来の人柱とし
それによって我が子の腹を満たそうとした
その挙げ句 果てなき挙げ句

 
竜胆ヒマワリ:2016/04/08

男どアホウ ▼

私が探すはドアホウだ。
アフォーゥ、アフォーゥと呼びかける。

御しやすいフヌケじゃない。
宮中でも牢獄でも
自らの道徳律を行使する
本物の悪党だ。
アフォーゥ、アフォーゥと呼びかける。


竜胆ヒマワリ:2016/04/08

男一匹 ▼

 史上初めて人類は
 宗教の尊徳から自由になって
 個人の損得、追って走って、
…いつのまにやら夜。
 市場の網に絡まれて眠る。

 目覚めると、荒れた田園。
 土は固く、道も見えない、
 かつて捨てた我が故里。

 遠くで野犬が
 アフォーゥ、アフォーゥと呼んでいる。
 釣られて嗚咽が
 アフォーゥ、アフォーゥと吹きこぼれ。 


ローロー:2016/04/08

葦を掴め ▼ 

宗教がどのようにして、
現実世界に染み込んでいったか。
資本の風がどのようにして、
たなびく旗からそれを拭い去ったか。

綿々と編まれたガーゼ

シャクシャクと切り進む現人の利き手
もう悲しくなんか、ない。
常に飢えてさえいれば
諸々と同じ旗を振れるから。


竜胆ヒマワリ:2016/04/10

孤高存在サイクロン ▼

縦の糸がアナタなら、
横の糸はワタシだわ。
そこに染みこむ数多の記号。
古今東西ライフズタイル。

泣く母が英霊のために振った旗。
菊千代が泣く百姓のために立てた旗。
ルフィが泣くロビンのために撃った旗。

すべての旗は解(ほど)かれ編まれる。
他者の生命を噛みながら維持し、
他者の時間を囲いながら貯め、
それでもなお、目指す獄楽。
それでもなお、保つ日々。

自らの虚を使い果たして
暴風のなか掲げるべき白き旗。
震えー 震えー

自らの業を使い果たして
熱病のなか撃ち落とすべき黒き旗。
奮えー 奮えー


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)