聖女マルタ&亀獅子タラスク


聖女マルタ/St.Martha

キリストと仲良し一家の姉。

【弟ラザロ】死んでいましたがキリストが蘇生させます。この「死者を生き返らせる」行為から、キリストはユダヤの司祭たちに目をつけられ。磔になったという説があります。
【妹マリア】旧約聖書ではよくある女性の名前。キリストの話に夢中。
【姉マルタ】キリストの話に夢中の妹に「少しは家事を手伝いなさい。」と小言を言います。キリスト教では妹マリアの宗教に没頭する態度を推奨する派閥が強いですが、姉マルタの生活を大事にする態度も大事にする派閥もあります。

キリストの死後、マルタは聖母マリアと一緒に小舟に乗せられて地中海に流されます。フランスのローヌ川に辿り着き、そこのネルルク(黒い森)で子供を食べるタラスクと出会います。松明・聖水・帯を使って飼い慣らしますが、子供を食われ怒りが収まらない民衆によってタラスクは投石によって殺されます。【wiki】

松明・聖水・帯は三種の神器のようです。ガルグイユ、聖ジョージの竜、ペスハなど竜退治に度々登場します。


亀獅子タラスク/Tarasque

海竜リヴァイアサンと魔牛ボナコンとの間に生まれた亀獅子。6本の足が生え、棘の付いた甲羅を背負っています。毒息と灼熱の糞を撒き散らし、子供を食べます。聖女マルタとの戦いは祭りとして現在でも残っています。【wiki】

この祭りは、19世紀に流行した小説『タルタラン・ド・タラスコンの冒険』の鉄砲撃ちの主人公が加わり銃をドンドン撃つ祭りになったようです。それが発展して、現在では戦車に美女を乗せて街を練り歩く祭りになっています。この聖マルタが帯で縛った亀竜を連れ帰るイメージと戦車に乗る美女のイメージが重なるのが面白い。

2件のコメント

himaring

▲ タラスクの原形?ノーヴのタラスク
ラ・テーヌIII期(紀元前300ー紀元前120年頃)
ノーヴ出土。アヴィニョン碑文博物館所蔵

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)