幸運神レネネト&不運神シャイ

幸運神レネネト
Renenet

人間、神々、死者に乳を与える乳母神。羽根飾りを着けた蛇頭の女神であり、死者の魂の裁判にシャイと共に立会い、生前の性格を報告します。豊穣神レネヌテトと属性が似ていたために、後に集合されます。【wiki】

不運神シャイ
Shai

レネネトと共に死者の裁判に立ち会う運命神。レネネトが生前の良い面と幸運を報告するため、シャイは悪い面と不運を報告するようなりました。これは役割分担でありシャイが悪神というわけではないようです。初期は人間型でしたが、羊神になり、蛇神になったようです。【wiki】

あやめゆうき/古代エジプトのこと/シャイ

泉竜クエレブレと水妖シャナ

泉竜クエレブレ
Cuelebre

◉ スペインの民話【wiki】

山奥の泉に住む有翼の蛇。硬い鱗を持ち、毒の息を吐きます。大食いでドンドン成長し、小さな泉や山では住めなくなってしまいますが、最後には海にシャナと共に消えます。

水妖シャナ
Xana

クエレブレから惚れられた金髪の乙女。人間から水妖になってしまいます。

蛇の女王エグレ

蛇の女王エグレ
Egle the Queen of Serpents

◉ リトアニアの民話・異類婚姻譚

海底に住む鍛冶蛇王と結婚した女性の物語。水浴びをしていたエグレに一目惚れした蛇王は、彼女の服の上にとぐろを巻いて求婚します。蛇王との結婚を承諾しない一族とイザコザがありつつも結婚。次第に蛇王を愛し始めたエグレは4人の子を生み、改定の宮殿で幸せに暮らします。しかし、悲劇は起こります。エグレが子供たちと里帰りすると、海底宮殿に返したくない父一族は蛇王をだまし討して殺してしまいます。悲しんだエグレはトウヒの木(リトアニア語でエグレ)に変わってしましたとさ。【wiki】

◉ オペラ/Eglė žalčių karalienė  【youtube】

◉ 龍宮城や羽衣伝説に似ている。円環伝承/蛇婿のバリエーション

聖マルガリータと悪竜ルフィン

聖処女マルガリータ
St Margarita

◉黄金伝説/レゲンダ・アウレア【wiki】・大致命者【wiki】

◉アンティオキア(現在のトルコ共和国・アンタルヤ近郊)

キルスト教改宗を迫られ拷問のすえに首をはねられた乙女。処刑直前に「女たちのお産を軽くしてください。」と神に祈り、以後安産の神として信仰されます。真っ二つに裂けた龍から出てくる乙女として描かれます。まどか・マギカっぽい?【wiki】【wiki】

悪竜ルフィン
Rphin

拷問の合間にマルガリータを襲った竜。マルガリータを飲み込みますが、直後に十字架の力で破裂させられます。キリスト教のヨブ記やアフリカのキリム神話。日本の一寸法師のように「化物に飲み込まれて脱出すると立派になる」に似たパターンのようです。

詳しいエピソード/広島工業大学/電子情報工学科/酒見研究室
http://www.ec.it-hiroshima.ac.jp/sakemi/Auchin/Mergrete.htm