火蜥蜴サラマンダー

火家守サラマンダー/Salamander

◉ ゾロアスター教・錬金術としてのサラマンダー

古代ヨーローッパでは火の中でも生きるほど冷たい体温を持つヤモリであり、火属性というより耐火属性・鎮火属性だったようです。【wiki】


火の紋章フランソワ・サラマンダー
Francois Salamander

◉ キリスト教・紋章としてのサラマンダー

フランソワ一世の紋章では火トカゲとして描かれています。外からの苦難や内からの欲望に負けない信仰・熱情・貞節を象徴し、善なる火で悪なる火を打ち消します。【wiki】

火蜥蜴サラマンダー/Salamander

◉ 錬金術→ゲームとしてのサラマンダー

火を司る精霊。中世ヨーロッパのパラケルススによって四大元素の精霊に組み込まれたました。D&D以降、槍を持った火蜥蜴(ヒトカゲ)とイメージされます。【wiki】

火女サラマンダー/Salamander

◉ 文学としてのサラマンダー

イギリスの詩人アレキサンダー・ポープの諷刺詩『髪盗人』で、情熱的な女性は死ぬとサラマンダーになるとされています。ヨーロッパの民話では女性の姿のサラマンダーも多く見られるようです。

◉ 情熱的な女は死後、サラマンダーに、
◉ 心優しい女は、ウンディーネに、
◉ 虚栄心が強い女は、シルフに、
◉ 真面目で淑女ぶる女は、ノームになる。

炎竜サラマンドラ/Salamandora

オリジナル。サラマンダーの古代種。

 


ゲヘナ:2009/08/26

火蜥蜴と日と影と ▼

蜥蜴のオイラにゃよく分かんねえんだがよ。
どうして人間ってのは、鉄のオモチャと火遊びが好きなのかねえ?


竜胆ヒマワリ:2009/08/27

人と掛けまして影と解く、その心は・・・
互いに寄り添うしかございません。 ▼

 昔、南の島に
 2つにわかれた男の群れが、互いに槍を投げあう祭りがあった。
 相手にケガ人・死人がでると、その勝利を大いに大いに喜んだ。

 その島に布教にきた神父
「そんな祭りは野蛮だから、やめときなさい」
 それ以来
 島の男はフヌケとなって、村はしだいに滅びていった。

「勝利」!
 その戦闘欲は純然たる喜び。男に生まれた喜び。
「生残」を通過して
「安全」に結びつき、
「技術」を呼び寄せる。

「生残」「安全」「技術」

 敵の刃が父に届かぬように銃火器が生まれ、
 敵の弾が夫に届かぬように装甲車が生まれた。
 そして
 敵の心に届かなかった息子の魂は冷えて死ぬのだ。

 それが女の願い。


ゲヘナ:2009/08/26

トカゲに日陰と休息を ▼

ほー。人間は変わってるねえ。
火と血を産まなきゃ生きていけねえたあ難儀なもんだ。
しかしなんだな、オイラぁ随分と火の中を這い回ってきたが、
最近えらい火の勢いが強えんだ。熱くてどうにもたまらねえ。

あんたの話からすると、その勝利だの何だのと、
そいつらの繁栄を願う「女」ってのが原因みてぇだな。
面倒くせえが、ちょっと火消しに行ってくるわ。

1件のコメント

himaring

フランス王フランソワ1世は「Nutrico et extinguo(我は育み、我は滅ぼす)」というモットーと共にサラマンダーを己の紋章とした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)