タグ: 神

聖魔神アブラクサス

アブラクサス/Abraxas

◉ グノーシス神話・ミトラ神話

アイオーン神族のひとりとして選ばれた者を天国に導く。鶏頭に蛇足という異形であり、手には鞭と盾を持ち4頭立ての馬車を駆る。【wiki】

私がグノーシスという言葉を知ったのはエヴァンゲリオンです。グノーシスの母体ともいわれているマニ教も『漫画版:風の谷のナウシカ』で知りましたし、アブラクサスの名も『少女革命ウテナ』で知りました。どうやらグノーシスはサブカル日本と相性がいいようです。

竜胆ヒマワリがデザインしたアブラクサスもこの流れを踏まえ『楳図かずお:14歳』のチキン・ジョージに似せて描きました。グノーシスが日本にセカイ系や中二病を蔓延させただけではないといいんですが。

 


ヘルマン・ヘッセ
1919

『デミアン』 ▼

鳥は卵の中から抜け出ようと戦う。
卵は世界だ。
生まれようと欲するものは、
一つの世界を破壊しなければならない。
鳥は神に向かって飛ぶ。
神の名はアプラクサスという。

 


ローロー
2006/11/24

キングサイズのこの世界 ▼

天使と悪魔は魂取り合う それはさながら恋の鞘当て
全ての魂 消えたなら 恋人全て消えたなら
何を抱いて眠るのだろう 互いを抱いて眠るのだろう
天使と悪魔がベッドイン もうすぐ我らは一つになれる


竜胆ヒマワリ
2006/11/24

双方が溺れても救われるモノ ▼

天使と悪魔の間にも
深くて暗い川がある
誰も浮かべぬ川なれど
助けに飛び込むバカがいる
high & low
high & low
振り返るな ローロー


ローロー
2006/11/25

歩きながら待つために ▼

恵まれずとも微笑んで 微笑むからこそ恵まれて
月夜に照らされ死にゆく我が身
朝日のもとに残される髑髏

シャレコウベは何を語る・・・・?

カタカタ笑いで未来を睨み 覚醒の夜をニヤニヤと待つ
暗黒に浮き彫りになる 呪われた欲の花びら
ノスタルジックなエロティック 揺れる揺れるメランコリック
目を閉じて感じろシトリー 寄せては返す淫らな潮騒を・・・

三界の伝令使ヘルメス

伝令使ヘルメス/Hermes

天界・人間界・冥界を自由に行き来する神々のメッセンジャー。オリンポス十二神の一柱。口がうまく、人を口説くのも嘘をつくのも手慣れたもの。手先も器用で楽器なども作れます。策を練るのも実行するのも上手く、運も味方するギリシャ神話のトリックスターです。【ヘルメス/wiki】【メリクリウス/wiki】

カドゥケウスの杖/Caduceus
ケリュケイオンの杖/Kerykeion

ヘルメスが持つ二匹の蛇が巻き付いたデザインの杖。神々の伝令使の証であり、ヘラの忠臣イリスや、錬金術師メリクリウスも持っていたそうです。現代では商業や交通のシンボルです。(医療のシンボルであるアスクレピオスの杖は蛇が一匹)【wiki】

 


ローロー:2017/01/10

スタンディング・セルフオーバー ▼

今日も今日とて 世界は空白を埋めるのに必死だ
字で 声で 詩で 音で
虚空を否定するのに必死だ

有!圧倒的な有のかりそめで
賑わい立てる意味無意味

抱け!高嶺を通り越した大気圏のガラスの花を
その儚く屹立するピグマリオの彫刻を


竜胆ヒマワリ:2017/01/12

スタンド・アローン・コスプレックス ▼

死ねばイイのにイキてるヨワモノ
死ねばイイのにイキてるワルモノ
そんなコトを考エル
そのヨワさ
そのワルさ

 背中の無明をサケるため
 背中の光明ツカむため
 光る液晶の水底を
 燃えながら渦巻く
 無数のゴースト
 また一里塚を飛び越えて
 登った朝日に溶け消える


竜胆ヒマワリ:2017/01/12

スタンド・アローン・コスプレックス ▼

仲間も喰エずにハカ穴ほって
自分も喰エずにハカ穴うめて
どんなコトも考エナイ
そのヒマさ
そのノロさ

 起きてゴロゴロ
 寝てはグルグル
 光る液晶の水底で
 唾垂れ転がる
 ひとりのゾンビ
 また一里塚に乗り遅れ
 沈んだ夕日に忘れ去られる


竜胆ヒマワリ:2017/01/12

スタンディング・オベーション ▼

 すべてのシシャが
 天の蓮に昇るため
 泥沼を這いずり

 すべてのミズコが
 蓮の花弁に移るため
 吹雪と共に舞い踊る

 それでもなお
 不死を願うカンダタ王は
 幾多の我に囚われて
 蜘蛛の糸を断ち切り

ー暗転ー

 そしてまた
 朝焼け色のライトが灯り
 (おび)えた女神の乳に抱かれて
 カンダタ童子を照らすスポット
 カーテンコール
 拍手万雷棺無料!

…傀儡の舞台よ
 長く長く走れ
 運命の車輪よ
 く永く廻れ


ローロー:2017/01/13

パージ・マイセルフ ▼

終電のホームで酸素を独り占めしていた夜
白い息だけが嘘をつかなかった夜
忌まわしき無害な不可視の畜生が
朝が来るまでウロウロ虚ウロ

誰も彼も救おうとしない光に
憧れ群れる五分の魂

知覚の毛細を
微粒子のネットを
遊ぶ指先から 選んだ景色から
眼差しから 

もっと自分を知りたくて忘れたい
言葉ではなく
他者のために生きたい
そう思った夜


cue:2017/01/14

言葉は本当の嘘 ▼

 真実はある。頭の中を機能するまで組めばいい。
 愛もある。囁き、吸い合い、眠ればいい。
 しかし、
 真実の愛・・・
 真実の愛だけは

それは一夜の夢

 夜が明ければ、砦に潜む味方に矛と盾を配り
 日が沈めば、砦に籠もる敵に毒と薬を配り
 利害を調整する日々日々日々・・・
 しかし、
 真実の愛・・・
 真実の愛だけは

それは白昼の夢
本当の魔法

天空神アヌ


天空神アヌ/Anu

◉ アッシリア・バビロニアの天地創造神話『エヌマ・エリシュ』

世界の基礎を作った天空神であり、罪人を裁く裁定神。また神々の集団「アヌンナキ」の父・王・司令官です。その頭部はジャッカルとして表わされることもあり、エジプトの裁定&冥界神アヌビスに通じます。また先代王アラル天空神を謀反で追い落とし、のちに息子に性器を切られて王座を奪われるのはギリシア神話の天空神ウラノスに通じます。【wiki】

 


宴結び:2016/10/23

no where ▼

私は闇――― 奥底の声。
安息の木陰の闇 灯りなき寝台の闇 それよりなおも近い、私。
擦り切れ、沈み、流れ落ちる傍ら 無言に寄り添う
視界の外側で 涙の行く末を静かに聴き届ける、その虚空。
そこに私はいない。

私は闇――― 報われない心。
欠けゆく月の闇 まばたく裏側の闇 何ものにも気取られぬ、私。
瞳を覆い、共に迷い、不安の中にあって 柵の外へと導く
遠く彼方 確かにある星を映し、ここに夜を捧げる。
その光で私は消える。

これは闇――― 望みなどない。
落ちていく帳の闇 閉じた劇場の闇 もう溶けて消えた。
浮かぶのは思い出 沈むのは声 ぼやけたシミ
形のないもの なにも残らないもの、産まれそこなった影。
そこにはなにもいない。


竜胆ヒマワリ:2016/10/24

コンタクト

ou topos ▼

 いえなかった言葉
 できなかった動作
 人はいつでも苦悩して
 目の前の生を素通り。
…その愚かさが
 そこら宙に消えては生まれる
 ダークマターの形を探る

 いいたい言葉
 したい動作
 人はいつでも期待して
 目の前の生を素通り。
…その鈍さが
 四六時中に生まれて消える
 ブラックホールの重さを測る

 生を超え
 死を越え
 思考は留まりながら加速して
 目の前の生を素通り、
…その渦と螺旋が
 すでに消え
 これから生まれる
 すべての文明と
 コンタクトする


ローロー:2016/11/05

闇と子のうた ▼

殺しきれない望みを抱いて
空洞の蛇がうねっていくよ

砂時計の夢に入り込んで
とぐろを巻いて砂を塞ぐよ

頭のなかも
昨日のことも
置いて出てきて 道も忘れて

今夜も夜空を塗ろうと努めて
血のないからだに噛みついているよ

半分になって 幾何学になって
水玉になって 明日を待つよ

 

snake_hourglass-min

大魔王バアル

大魔王バアル/Bael

バエル。バール。メソポタミアの雷神ハッドゥが起源。のちにカナン人に嵐と治水の豊穣主神として崇められました。エジプトのセト神とも同一視され、ユダヤ教が勢力を強めるとネガティヴな存在となり、中世には魔王となります。【wiki】

竜胆ヒマワリの設定では、人間野獣化計画のルシファー派と、人間家畜化計画のベリアル派との派閥争いのキーマンとなっています。主神ヤハゥエに勘当された息子との噂もあります。『アッピンの赤い本』を奪われ本来の力を封印されています。

 

 


Btn:2008/02/02

後戻りなどできるものか ▼

退化は進化の逆じゃない。


竜胆ヒマワリ:2008/02/02

エデンを示す欲望裸身盤 ▼

人間の欲望コンパスは「技術」の磁石に綾吊られている。

言葉を手に入れ、言葉の欲望を。
火炎を手に入れ、火炎の欲望を。
鉄工を手に入れ、鉄工の欲望を。
貨幣を手に入れ、貨幣の欲望を。
車輪を手に入れ、車輪の欲望を。
電網を手に入れ、電網の欲望を。

そもそも何をしたかったんだっけ?
この電車は、どこに向かう?
切符をなくしてないじゃろか?
全部脱いで確認しろ。


ゲヘナ:2008/02/03

見える物こそ ▼

全ては欲望のためなのだ。

見える物に全く価値を見いださず、
見えぬモノに価値を見いだし手に入れようと進化する。

だが、見えぬモノに手を伸ばせば伸ばすほどソレは遠のき、
見えぬモノの贋作である見える物ばかりが増えてゆく。

そして見える物は捨て、身を軽くしてまた見えぬモノに手を伸ばす。
…見えぬモノの名は「幸福」、または「平穏」という。

 

豊穣と破壊の大黒天

大黒天/だいこくてん
マハーカーラ/Mahaa-kaala

◉ ヒンドゥー教・密教・仏教・神道

日本では七福神の一人として袋を担ぎ、小槌を振るう子孫繁栄・商売繁盛として有名な大黒様ですが、起源はインドの戦闘・財産・冥界を司る破壊神マハーカーラ。後に密教に取り込まれ、仏教に取り込まれ、大国主と名前が似ていることから神道にも集合され現在の姿形になりました。【大黒天/wiki】【マハーカーラ/wiki】

 


竜胆ヒマワリ:2016/12/07

MO・NE・Y ▼

神の力を紙の力に真似き入れ
銭に救われ、
銭に殺され、
世界を覆う愉悦神


道化法王:2016/12/08

笑え笑え!! ▼

ああこれが世界!
なんとも楽しい世の中よ
探し求めた理想郷
愚者も賢者も踊れ踊れ
金貨の雨に怯えながら
傘もささずに出かけなさい!

嗚呼セカイ 滑稽なセカイ


ローロー:2016/12/09

俺たちの新しいカミサマ ▼

滞っては奔流す
せせらいでは枯れ果てる
大黒 恵比寿 今夜はどこに?

首都圏ザギンでドン・ペリニヨン?
僻地の小屋で犬と寝る?
シケモク集めて舌打ち打って
諭吉と英世で暖をとる?

その加護があることから一つの物語となり
(華麗なる、華麗なるギャツビー
おおいなる、おおいなる遺産)
その加護がないことでも物語の引き金となる
(あなかしこ、ラスコリニコフの罪と罰
ああ無情、ジャン・バルジャンよ人の世よ)

今日も創造者様は時代錯誤のローブをかぶって
誰かの気を引こうと路地裏を歩いてる
止まってしまった時間の中で
二度と来ない虹の輪廻を夢見てる

俺たちの求める神は違う
いつも探してる
今夜はどこに?どこに流れてる?


有馬敲/竜胆ヒマワリ:2016/12/09

値上げ:高田渡

シン・レビキ ▼

値上げは全然考えぬ(シンが吐く
当分値上げはありえない(見えない業火は
値上げがあるとしても今ではない(路地に充ち街を覆う
値上げをせざるを得ないという声もあるが(人々の潤いは干上がり
値上げするかどうかは検討中である(ホコリ詰った思考回路は熱暴走
値上げもさけられないかもしれないが(井戸端の声は蒸気を逸し
値上げを認めたわけではない(市場も謝罪も次々と炎上中
近く値上げもやむを得ぬ(家族も悪の印を焼き押され
値上げもやむを得ぬ(貧しき者と供に死者として
値上げに踏み切ろう(荒野に追われる


竜胆ヒマワリ:2016/12/09

ツァラトゥストラはかく語りき ▼

神を探すな 魔王を探せ

金にまつわる【暴食】を打出で小突いて
金にまつわる【色欲】を打出で小突いて
金にまつわる【強欲】を打出で小突いて
金にまつわる【憤怒】を打出で小突いて
金にまつわる【怠惰】を打出で小突いて
金にまつわる【傲慢】を打出で小突いて
金にまつわる【嫉妬】を打出で小突いて

現れたるは
リヴァイアサンの毛細を駆け巡る
70億の一寸胞子


cue:2017/01/14

芯・我ル喰イ湯 ▼

シンの口から溢れる洪水は人肌の適温
私の恋も人肌の適温
あなたの欲も人肌の適温
スープもベッドも人肌の適温
絡めた指が解(ほど)けても
解(わか)らないほど人肌の適温

ああ、芯から・・・
ああ、芯から人肌の適温