タグ: 蛇女

蛇女デルピュネー

子宮を持つ処女蛇デルピュネー/Delphyne

半身半蛇の火を噴く巫女。台風神テュポンが雷神ゼウスとの戦いで奪った腱をコリユコスという岩穴に隠しました。テュポンは自らの頭のひとつで創ったデルピュネーに番をさせます。【wiki】

デルポイ、デルピュネー、ドルフィン(=イルカ。古代では子宮を持つ魚)。これらは語学的に子宮(=delph)に関係するらしいです。
▶ http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/3011/cetus.html

ギリシャ最古の神託所デルポイ/Delphoi

子宮の意。パルナッソス山の南斜面にあり、ギリシア最古の神託所。この岩穴から噴出したガスでトランス状態となった巫女が神託を伝えていましたが、誕生直後のアポロンを襲ったヘラの蛇ピュトンの死体を埋められた場所となります。その後、岩穴からのガスはピュトンの腐敗ガスという設定に上書きされ、アポロンの神託所となりました。

デルピュネー信仰→ピュトン信仰→アポロン信仰と移り変わり、幾度かの地震で疲弊し、アルカディウスの治世時代(西暦400年前後)に破壊され放棄されます。【wiki】

 

世界の臍オンパロス/Omphalos

オンファロス。ゼウスが放った二羽のワシが交わった場所。世界の中心。ピュトンの死体が埋めた上に建てた塚でもあります。このように世界の中心を示す塚は世界各地にあり、男根の象徴でもあり、子宮の象徴でもあります。【wiki】

 


ローロー :2016/12/21

あの日あの時あの場所で ▼

人を酔わせる酒のように
人を酔わせる時と場がある

数多の人為はそれを探し
思わぬ世間歩きをあせられてしまう

人を酔わせる時
人を酔わせる場
思い起こす素敵なひととき
目深に囲む魔ヶ時のひととき


竜胆ヒマワリ:2016/12/21

東京モブ・ストーリー ▼

ヒトの思いが灯火の如く燃え継がれる街
ヒトの想いを潮風が押し流す清しい
ヒトの思いを脆く固めた生き苦しい
ヒトの想いが淵へ淵へと注がれる

流刑・国替え・参勤・焦土
意味は無意味に近づくほど荒れ動き
無意味は意味に近づくほど形止まる
そのプレートが競っては盛(も)える岩盤に
何かを伝えようと
浮かんでは消える
アリ狂(ふ)れた塚がひしめく

そして雨。激しい雨。
非道い非道い激しい雨が。
男心の神無き社に天女が宿り
女心の神無き社に童が籠(こ)もる

なにから伝えればいいのか判らないまま。


ローロー :2016/12/21

東京手繰るロンリー ▼

時は流れる

在るために 在り続けるために

この世の全てとすれ違いながら
この世の全てと交わりながら
この世の終わりが過ぎた後さえ

在るために ただ在るためだけに

産湯の桶に射す斜陽から
盛り場で踊った恋人に至るまで
人に明かせぬ陰の楽しみに濡れて
母国の変容に淘汰される最期に差し込む栞

平らに成るまでの 和みに照らされど
地は埃に汚れ 人は灰色になり
時は流れ
血は流れずとも心はつぶされ
寄り添う隣人も霞んで見えず
時は流れ 最後に止まるように見え
ふたりたそがれ

ゴルゴン三姉妹


長女ステンノー/Sthenno=強い女

ゴルゴン(ゴーゴン・ゴルゴーン/Gorgon)はギリシャ先住民ぺラスゴイ人の大地母神。(子育てを終えた大地母神。鬼女の側面。冬)蛇の髪、イノシシの歯。黄金の翼、青銅の爪を持つ山乳母。様々なイメージを内包しヨーロッパの人々を長く守護していました。大地母神→山姥→ドラゴンを繋ぐ重要な魔物です。【wiki】


次女エウリュアレー/Euryale=遠く飛翔する女

ギリシャ神話に限らず、1つの神格の状態変化を3柱の神がになうパターンが数多くあります。【三相女神】ひとつの歯とひとつの目を三人で共有する老婆三姉妹グライアイなど。【wiki】


三女メデューサ/Medousa=女王

アテネ神殿でポセイドンとイチャついため、アテネの怒りを買って石化の邪眼を持つ蛇髪の怪物に変身させられました。その後、女神アテネの助言を得た英雄ペルセウスに首をはねられ、その血からは飛翔馬ペガサス、剣士クリュサオル、蛇王バジリスクが生まれたとされます。

切断された頭部はアテネの胸当て(または楯)に貼付けられアイギスの胸当て(イージスの楯)として利用されます。また医神アスクレピオスの死者を蘇らせる秘薬もメデューサの血といわれています。【wiki】

 


ゲヘナ:2016/01/22

フィギュア ▼

石にした。優しい貴方を。


竜胆ヒマワリ:2016/01/25 

ボクと契約して魔女になってよ! ▼

荒野に並べたコレクション
その列が螺旋を描いて
一重二重と広がるたびに
彼女の涙もまた揮発します

心に巣食ったラビリンス
その路が螺旋を描いて
二重一重と狭まるたびに
彼女の血もまた凝固します

甘言・契約・ハカリゴト
魔女と女神の拘束路
呪いと祝いの増殖炉
彼女も己の器と宿命に
そろそろ馴染んだ頃でしょう

結晶となった「メドウサそのもの」を取り出す役目は
運び屋ペルメウスにお任せあれ

ローロー:2016/01/26

語り部吟う醜女神 ▼

右に同じ 左に同じ
逸れていくのは私だけ

この身に浴びた返り血乾いて
私の名も尚 汝に届け

古書に踊れる魔の因子
咲かぬ仇花 裂けるさ はらわた
光る翼の英雄が 銀のツルギを掲げた朝に
映る最期の醜貌は ヲトメの頃に戻りける


ゲヘナ:2016/01/27

ヒュギエイア ▼

石にして。悲しくて。苦しくて。石にして。悲しくて。苦しくて。石にして。石にして。石にして。苦しくて。悲しくて。苦しくて。苦しくて。苦しくて。石にして。石にして。苦しくて。石にして。石にして。石にして。寂しくて。苦しくて。石にして。石にして。石にして。石にして。寂しくて。石にして。石にして。石にして。石にして。石にして。石にして。寂しくて。石にして。石にして。寂しくて。石にして。石にした。石にして。石にして。石にして。
石にして。石にして。石にして。石にした。石にして。石にして。石にして。石にした。石にして。石にした。石にして。石にした。石にして。石にした。石にした。石にして。石にした。石にして。
石にした。石にして。石にした。寂しくて。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。
石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にして。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。
石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。石にした。

石に「どうか」した。石に「お願い」した。
石にした「私を」。石に「どうか」した「私を」。

「誰か」石にした。石にして「終わらせて」。


ローロー:2016/02/05

石の海 ▼

青い空
白い雲
愛憎辛苦の海岸線
カモメが鳴いて お前も独り
波の音
乾く肌
コバルトブルーの狂った静寂
けして眠らぬお前の前髪

瞳に流れる青い毒
僕のハートは溶かせない

お前を殺すものでなく
お前に殺されぬもの
それさえあれば 眠れたか

 

スキタイの始祖女神アビ

蛇女アビ/Abi

◉ ギリシャ神話→スキタイ神話【wiki】

アピ。ヘラクレスとの間に3人の男子を生んだ大地母神。 その末弟がスキタイの祖となります。ギリシャ神話ではスキタイの祖はラミアともエキドナとも呼ばれていますが、大雑把に蛇女という意味だと思われます。

ギリシャ神名→スキタイ神名

◉ ヘスティアー(かまど神)→タビティ(スキタイでは重要な神)
◉ ゼウス→パパイオス
◉ ガイア→アビ(アピ)
◉ アポロン→ゴイトシュロス
◉ アフロディーテー→アルギンパサ
◉ ポセイドン→タギマサダス

蛇女房メリュジーヌ

メリュジーヌ/Melusine

鶴の恩返しや雪女、人魚姫のような異種婚姻端の一種。メリュジーヌは水霊である母親から「日曜だけ下半身が蛇になる呪い」をかけられます。この呪いを解くためには男の愛を得るしかありませんが、その姿を見られたら一生蛇女として生きることになります。そんな彼女も結婚し、男との間に財産と異形の子供をもうけます。しかし、子供が街で暴れだし、夫に責められ、ついには竜の姿になって空の向こうに消えてしまいます。【wiki】

蛇女ラミア

夜魔ラミア/Lamia

元はリビアの女王。ゼウスと交わり子を授かりますが、ヘラの報復として子供を皆殺しにされたうえに怪物に姿を変えられます。以後、ラミアは赤子を食べる怪物として人々に恐れられるようになりました。人面獣体の姿もメジャーなようです。【wiki】

lamia-big